96日目ストックフォト状況

スポンサーリンク
犬の走る姿 ストックフォト活動状況
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!SandAです!!ストックフォト活動を始めてから97日が経過。気づいたらもう100日が目の前ですね。本命にしたいPIXTAでは1枚も売れずの状態。悲しくなってきます。撮影テクニックもないもないただの素人ですので、仕方がないと言えば仕方がないのですが…。これから始めようとされている方の参考にしていただければ。と思って、恥ずかしながら、かなり赤裸々な状況報告なのですが、そもそも売上発生させられるレベルにいないと、参考にもならないですよね。なんとかPIXTAでの売上が欲しいです。そういえば、Shutterstockでもまだ売上なしです。Shutterstockも売上欲しいなぁ。


スポンサーリンク

ストックフォト活動状況

前回記事

前回記事はこちら。


進捗状況

PIXTAさんは、アップロード可能枚数のリセット日を迎えましたので、新規を申請中です。
なるべく良い写真をということで、一気にアップロード可能枚数を使い切るのではなく、いろいろ厳選しているため、まだ32枚しか申請できていません。枠としてはあと18枚あります。
アップロード可能枚数が100枚を超えてから、いろいろな写真の申請を始めようと思っていたのですが、ただ単に審査を通過するを考えた写真だと、ご褒美(アップロード可能枚数の増加)がいただけないようですので、これを機にストックフォトを意識した写真の申請を始めてみました。
ただし、しばらくの間、審査通過だけを考えて撮影していたので、良さげな写真はあまり手元になく、申請中の写真も微妙と言えば微妙なものが多い状況。その微妙な写真の中から、アドバイスいただいた愛犬の写真をとりあえずセレクトしています。
AdobeさんやShutterstockさん、iStockさんについてはのんびりと申請をしています。各社すべて同じ写真を申請しているわけではないのですが、今回は申請枚数が綺麗にそろいましたね。たまたまだと思いますが。
スナップマートさんについてものんびりペースで申請中。基本的に残りストックがないため、写真撮影した際に合わせてスマホで撮影したものの申請になってしまっているので、ここも内容が貧弱になってきてしまっております。


採用枚数と採用率

PIXTAさんは上述のとおり、「単に審査を通過しそうな写真」を申請することからの方針転換中のため、今後、採用枚数の増加も採用率も悪くなる可能性が高いですね。PIXTAさんの審査難易度が比較的甘目と言っても、元々の写真撮影テクニックがないので仕方がないですね。

今回のAdobeさんは「技術的な問題」での採用NGが多かった印象。このところ改善傾向があったので油断していましたが、単純に撮影テクニックが足りないのでしょうね。他社も含めて撮影テクニックの向上は必須課題となってきそうです。

Shutterstockさんについては、うっかりしていたのですが、写真内にちょっとだけ日本語が入っているものがことごとく落とされました。読み取れないレベルのテキストだったので良いかなと思っていたのですが、ダメでした。このパターンはしばらくなかったので、今後気を付けていかないと。

iStockさんでは、同じような構図で撮影した写真を合わせて申請したところ、「類似」の理由で採用NGとなることが増えた気がします。全体の中での類似のほかに、同じタイミングで申請したも写真 もしくは 自分自身のポートフォリオ内で同じような写真があるかのチェックがあるのでしょうかね?審査に通過すると思っていた写真がいくつか落選しており、ちょっと残念です。そういえばShutterstockさんでも「この素材はすでに寄稿または公開されている画像・動画クリップと酷似しています。」と言うのがあった気がしますね。


スポンサーリンク

今日の1枚

今日の1枚はこれにしました。

68660788

(c)SandA画像素材 PIXTA –

真上の方は青空で、奥の方が夕焼けのカントリーサインって面白いかと思ったのですが、やはりというか当然というか、アクセスゼロでした。カントリーサインを上げている方って他にもいると思いますが、売れてらっしゃるのですかね?夕焼け雲が余計なのか、そもそも川崎市高津区が無名すぎるのか…。

そして気づいたら、アクセス数ゼロの残りがほとんどない状態に。といっても、アクセス数1~5の間のものばかりなのですが。SandAの微妙な写真をチェックしてくれる、もの好きな方もいらっしゃるのですね。ありがたいことです。


スポンサーリンク

宿題事項

自分で自分に課している宿題事項ですが、貯まってきています。

・各ストックフォトサイトへの申請方法の効率化を考える
・写真管理方法で良い方法がないかを考える
・スナップマートの限定コンテストへチャレンジ(締め切り間近!)
・iStockのDLされた写真の詳細を確認(締め日をすぎないとわからない?)
・室内での物撮りの準備
・愛犬の写真をこれまで以上に撮影してみる(要ドッグランなど)
・曇りの日用の撮影テクニックの研究
・撮影テクニック全般の勉強(まずは知識をつけたい)

急ぎはスナップマートの限定ユーザコンテストですかね?ただ、新規撮影する時間的余裕がなくなってしまったので、手元にある写真からの源泉と言うことになってしまいそうです。


スポンサーリンク

記事をお読みいただき、ありがとうございます。
次回もよろしくお願いします。



コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました