Adobe Stock 満月のプロパティリリース(解決)

スポンサーリンク
AdobeStock
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!SandAです!!先日、十五夜の満月がプロパティリリースで引っかかったという記事を書きました。その結果がわかりましたので、結果報告です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

満月のプロパティリリース

先日、十五夜の満月がプロパティリリースで引っかかったという記事を書きました。その記事はこちらです。

いろいろと考えたものの、何がプロパティリリースに引っかかったのかよくわからないので、悩んだ末に立てた仮説が、「タイトルを「十五夜の満月」としたので、この「十五夜」の文字が固有名詞扱いとなってしまって、誰かの所有物と判断されてしまったか?」ということでした。

それに対して考えた対応案は2つ。
 1)タイトルを修正して再提出
 2)日本語で問合せメールを送る

まずは、写真タイトルを変更してみようということで、「十五夜の満月」を「満月」に変更し、そのまま再提出してみました。

「十五夜の満月」→「満月」で再申請

本日確認したところ、審査が完了している様子。どうなったかと言いますと、こうなりました!

はい。審査NGとなりました。プロパティーリリースの件が解除されているので、プロパティーリリース要となっていたのは、「十五夜」を勘違いされたという推理は正解だったということでしょうか?そうすると、今後はAdobeさんへの申請する際のタイトルのつけ方は注意した方が良さそうですね。ShutterstockさんやiStockさんは、タイトルを英語表記するので、Google翻訳先生が補正してくれているという気がしますね。


次なるNG理由 「準拠していない画像」

NG理由が「準拠していない画像」という今まであまり見たことのない文言。そもそもニーズに合わないとのこと。。。Adobeさんで「満月」で検索して出てくる写真は確かに大きな満月ばかりです。でも時々、同じような構図で同じような月の大きさなものが…。他の写真と似ているということであれば、「類似」となるので、他と一緒という理由ではないですね。

やっぱりニーズに合っていない?ぱっと見で見分けがつかない違いがあるのかしら?と考えてみるもののちょっと腑に落ちないですね。「技術的な問題」であれば納得なのですが…。

ちなみにAdobeさんより審査が厳しいであろうShutterstockさんでは採用されていました。ということは、タイトルだけリネームして再申請してくるな!と怒らせてしまった可能性が一番高いでしょうかね?

皆様、どう思われますか?


スポンサーリンク

ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
次回記事もよろしくお願いします。


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました