【ストックフォトの研究】改めてストックフォトを考える。ストックフォト活動5ヶ月で行き詰まり中。

ストックフォトで行き詰まっている人へ 改めてストックフォトを考える
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストックフォトを始めてもうすぐ5ヶ月。
スタート時点は、「とりあえず手持ち写真を申請」から入りました。
その後は、「それっぽい写真を撮影して申請」という状況になり、案の定、まったく売れず(ダウンロードしてもらえない)、撃沈。
次に考えたのが、「ストックフォトの研究」ということ。
まだまだ研究中。この先、1年、5年と継続していけばまた考え方も変わるでしょうが、ここまでで気づいたことをまとめておきます。改めて取り組み方や機材などを考えてみたところ、思いのほか、大容量(2万文字以上)となってしまったので、何記事かに分けようと思います。
今回はストックフォト撮影技術などについての話題です。


スポンサーリンク

ストックフォトの夢と現実

ストックフォト活動を開始する前、どのようなイメージですか?
こんなイメージなのではないでしょうか?

ストックフォトの夢

まぁ、専業になるというところは冗談ですが、多少表現は違うものの、だいたいこんなような流れを考えている(いた)のではありませんか?

はっきり言います。
こんな流れに乗れる人がいたら、その人は超天才です。
すぐに弟子入りしたいくらいです。
そのHowToをブログで書いたり、書籍化したり、スクールを開校したり、、、
なんでもすぐにできると思います。

基本的にすぐにうまくいく人は少ない(というか、本当にいるの?)というのが現実ですよね。
ネット上で公開されている情報や各ストックフォトサイトに載せられている情報を見る限りは、
大体は以下のパターンかと。

実際のストックフォト活動

おそらく、この記事を読んでくださる方は、
「現在地」と書いているところにいらっしゃる方が大多数ではないでしょうか?
もしくはこれから始めようとしている方ですかね?


ストックフォトの研究

「ストックフォトの研究」と言っても、そのものずばりのHowTo論がある訳ではありません。
基本的にはストックフォトサイト もしくは 有名ストックフォトグラファーの方の助言などから何かを考えるしかありませんね。

研究の仕方として想像が付けられるのは、以下3つくらいでしょうか。
 1)写真技術書
 2)売れ筋写真の研究
 3)勉強会への参加

それぞれについて、ちょとだけ掘り下げてみましょう。


写真技術書

写真撮影技術というのはもう何十年もホットな話題であり、何千何万という数の書籍が存在します。
被写体ごとに分かれていたり、カメラメーカーごとに分かれていたり。
本当に様々な種類の書籍があります。

昔はカメラ本体やレンズがかなり高額であったことで、
大人の趣味としての地位を確立できていたことから、
お金も時間も多少なりに余裕のある方々が、それを極めたいと思い、
細かい分野に分かれていったのだと思われます。

そうやって熟成されてきたカメラの世界ですので、
アマチュアながらもプロ並みの装備を持ち、
プロ顔負けの写真を撮影できる人が数多くいらっしゃいます。

しかしながら、ストックフォトに関してはちょっとニュアンスが違います。
いくつものストックフォト関連の情報を確認した限りで共通して言われている
 「撮影テクニックがプロ並みである必要はないが、基本技術は必要」
というのがすべてを表しているのではないでしょうか。

芸術的な写真を撮影する必要はないのです。

そもそもストックフォトの定義というのは、ウィキペディアさんによると


「頻繁に使用されるであろうシチュエーションで予め用意された写真素材」

from wikipedia

とされています。

私もまだまだ写真撮影テクニックに関しては勉強を始めたばかりなので、
断言できるようなものでもないのですが、
まずはイメージした写真を自分のカメラで撮影するためのカメラの設定値を見つけ、
スムーズにイメージ通りの写真を撮れるようになる必要があるのではないでしょうか。

そのための撮影技術の習得だと思っています。
何の設定(F値やISO感度、シャッタースピードなどなど)をどのように変更すれば、
どうのように写真写りが変わるのかを理解したうえで、
自分で撮影しながら、しっくりくる設定を見つけられるようになる。
そこまでは、ずっと勉強期間な気がします。
私的には、はるか遠い未来な気がしていますが…。

それらをやりながら、
ストックフォトサイトが出版している本であったり、
有名ストックフォトグラファーの方の公開情報であったりを確認しながら、
ストックフォトとしての写真撮影技術を伸ばしていくしかないのでないでしょうか?


売れ筋写真の研究

ストックフォトらしい写真を懇切丁寧に教えてくれる書籍なり資料というものは、恐らくありませんので、何がストックフォトとして良いのか?を判断する一番の近道は売れ筋写真の研究となります。

各ストックフォトサイトでは、売上ランキングなどを発表してくれているサイトがありますので、その売り上げランキングを有効活用するのが良いのではないでしょうか?

日本国内のストックフォトサイトで言うと、やはり大手はPIXTAさんでしょうか。
国内と国外売れ筋がわかる可能性もありますので、
国外ストックフォトサイトについてもチェックする必要はあるとは思いますが、
まずチェックしておくべきはPIXTAさんでしょう。

PIXTAさんで言えば、トップランクの方々のインタビュー記事があったり、
売れ筋写真やイラスト自体の売上数ランキング、
クリエイター(寄稿者)単位でのランキングなどを発表してくれているので、
そこを確認するのが良いのではないでしょうか?
私も時間のある限り、チェックをしています。

私のチェック方法で恐縮ですが、

  1. 自分のイメージした写真(自分で撮影できそうな写真、もしくは 自分が撮りたいと思う写真)と似た写真を撮影したクリエイター(寄稿者)さんを洗い出し
  2. チェックしたクリエイター(寄稿者)さんの写真一覧を確認
  3. 気づいた点をメモする
  4. 前回チェックした際のメモを再び広げ、メモを確認しながら同じ写真をチェックし、自分的な変化がないかを確認してみる

ということをするようにしています。
前回チェックした際のメモを再チェックするのは、自分自身の変化や環境の変化で思うことが変わることが多いので、良くも悪くも何がどう変わったかを認識しておくためにしています。
上記を少なくなくとも5人のクリエイターさんに対して行うようにしています。

まだまだ結果が出ていないので、このチェック方法が正しいのかはわかりませんが、当面は続けていこうと思っています。


勉強会への参加

ストックフォトサイトで勉強会を開いてくれているところもあります。
PIXTAさんでも良く開催されていますね。
初級者向け、中級者向けなどある程度クラス分けをしたうえで、
ストックフォトとは?といった疑問に答えてくれたりするようです。

残念ながら、スケジュールが合わず、私はまだ参加できていません。

実施した内容を後からでも参照できるようにしてくれるとありがたいのですが、現時点ではそういう仕組みはないようですね。

有料のものと無料のものがあり、オンラインだったりワークショップだったりと様々な形態で開催されているようですので、是非1度は受講しておきたい。

海外系(AdobeStockさんやShutterstockさん)で開催されているかは、チェックできていないのですが、英語が苦手な私にはちょっと敷居が高く、受講するとしたら、やはりPIXTAさん一択になる気がします。

ちなみに2020/12/08に開催されたPIXTAさんの「ストックフォト初心者のための基礎セミナー」の案内には以下のように書かれていました。


内容:
・PIXTAとは?
・ストックフォトとは?
・売れる写真の考え方4つのポイント
・家でも撮影できる「パーツ撮影」のススメ
・Q&A など

参加対象者:
・PIXTAに新規登録したけれど何から始めれば良いか悩んでいる方
・登録したままになっていて、改めて活動したいと思っている方
・今まで一度もPIXTAで写真が売れたことがない方

from PIXTA https://pixta.jp/channel/?p=36267

うーん、是非とも聞いておきたい内容でしたね。
同じようなセミナーがほぼ毎月のように開催されていますので、気になった方が是非受講してみてください。


ストックフォト活動に行き詰まっている人 まとめ

ストックフォト活動に行き詰まっている皆さん。
行き詰まりを打開するための方法についてですが、試行錯誤中の私 SandAの現時点での結論は、

  1. 写真撮影技術の基本を習得する/見直す
  2. 売れ筋と言われるものを研究する
  3. 勉強会やセミナーに参加してみる

というアクションを起こすということだと思います。

基本は大事です。まずはカメラの使い方を復習の意味も込めて、再度確認。カメラの機種ごとに初心者向けの本が出ていますので、そのあたりをチェックするのが速いですかね?
次にカメラで撮影することの基本についても再確認。撮影のシチュエーションにあったカメラ設定で撮影ができるようにできるようになること。

次にストックフォトとは?をもう1度考えてみる。売れ筋とまではいわなくとも、売れている写真をチェックすることで、自分の写真と何が違うのかを考えてみる。「ストックフォトの撮影の仕方」というような書籍も販売されているので、それをチェックしてみるのも良さそうですね。
ストックフォトに特化した書籍では、PIXTAさんが監修している本があるので、それを見てみるというのも良いのでは?
こんな本です。発行日は少し古いですが、大前提となる基本部分は変わらないと思いますので、参考になります。


自分の状況を確認しながら、記事を書いてみましたが、結局一番大事なのは、

諦めない心

なのかもしれませんね。

ちょこちょこと挫けそうになってしまいますが、挫折せずに頑張ることが大事かと思います。

ちなみに私、SandAの場合は、挫けそうになった時はTwitterで弱音を吐きます。
ありがたいことに同じような状況の方や大先輩たちが、励ましてくれます。
Twitterなどでストックフォト活動をしている仲間を見つけるというのも、挫折しないポイントになるかもしれませんね。
まぁ、私が一方的に仲間だと思っているだけで、他の方がどう思っているのかはわかりませんが(笑)。


ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
次回記事もよろしくお願いします。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました