iStock 2020/11 ダウンロードされた写真が判明

iStock202011のダウンロード DLされた写真
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iStockさんでの締め日が過ぎ、2020/11にダウンロードしていただけた写真の詳細が判明。1枚だけではありますが、やはりうれしいですね。そして、iStockさんでは、ダウンロードされてから詳細判明するまでにちょっと間が空くので、どの写真がダウンロードされたかが分かった時点で、すでにニュース記事などに使用されていることが多い気がします。毎月このタイミングでどの写真がどのように使用されているのかをチェックするのは、なかなか楽しいですので、できれば毎月楽しみたいです。


スポンサーリンク

iStockでダウンロードしていただいた写真

2020/11にiStockさんでダウンロードされた写真がやっと判明。月末締めで翌月の20日に詳細がわかるという仕組みなのですが、チェックさえしていれば、ダウンロードされたこと自体はほぼ翌日にはわかるので、タイミングによっては1ヶ月以上待たされることに。ちょっとヤキモキしますね。

たくさんダウンロードされました!と言いたい所ですが、今回確認できたのは1枚のみ。複数のストックフォトサイトに登録しているため、少なくとも2週に1度くらいで、どこかしらでダウンロードしていただけるようになってきたので、嬉しい限りです。ちなみに12月に入ってからもう1枚ダウンロードされていると思われるものの、それがわかるのは1月下旬です…。

今回ダウンロードしていただいたのは、こちらの写真です。

灰皿とタバコの写真

ストックフォト向けの写真を撮影しに行った時にタバコ休憩した際に撮影したもの。面白いかな?とお試しで撮影した写真です。スタンド灰皿だけ、スタンド灰皿に吸いかけのタバコを置いたもの、吸いかけのタバコを持ったもの等、数パターンを撮影した中で、この写真をダウンロードしていただけました。

手が映っているパターンも、喫煙している最中に見えるもの、捨てようとしているもの(タバコの持ち方がちょっと違う)など幾つかあったのですが、今回ダウンロードしていただけたのは、捨てようとしている手をイメージした写真でした。あれ?捨てようとしているように見えませんか?


iStockでの今回の収益は?

前回は、3枚合わせて0.22ドルという、微妙な金額だったのですが、今回のダウンロードでの収益は、1.22ドルとなっていました。過去の他社ストックフォトサイトでのダウンロードされた写真の中でも1枚当たりの単価が一番高い結果。なぜ?という感じもしますが、ありがたいです。

現在のレートは103円くらいですので、
 1.22 × 103 = 125.66円
となりますので、初の1枚当たり100円以上の写真となってくれました。

以前は3枚で23.4円でしたので、4倍以上ですね。単品購入という訳ではないと思いますので、なんでこんなに差が出ているのか不明ですね。ちなみにこれまでの3枚はiStockでしたが、今回はgettyimagesでのダウンロードだったようです。その差ですかね?

トランザクションの種類が、これまでの3枚は「iStock Sub」となっているのに対し、今回は「Premium」となっているので、何か違うのだとは思うものの、詳細がイマイチ理解できていません。もう少し調べてみようと思います。


ダウンロードされた写真の使われ方

最近は、撮影タイミングでどのように使用されるのか?を想定して撮影しています。そのうえで、ダウンロードされた後に使用状況を確認し、想定が合っていたのかを答え合わせしています。
想定が合っていれば、イメージ通り!と言えますし、想定外の使われ方であれば、それを意識することで撮影の幅が広がってくれる気がしますので、なかなか楽しい答え合わせです。

今回ダウンロードしていただいた写真ですが、イメージしていたのは喫煙マナー関連のニュース記事。喫煙者側立場からの記事であれば、喫煙者の肩身が狭いというような記事。非喫煙者立場からの記事であれば、マナーが悪いとかそんな感じの記事のイメージでしたね。

優秀なるGoogleさんの画像検索で見つけた記事は、以下の記事でした。


ストックフォト活動の進め方(イメージ)

今回ダウンロードしていただいた写真を使用した記事は、いくつかのニュースサイトで掲載された記事のようで、検索結果がたくさんあってびっくりしましたが、どうやら元の記事は1つの様子。記事内容もほぼイメージしていた記事であり、ストックフォトグラファーに1歩近づけたかな?と思うことにしましたが、できれば、
こういうイメージ向けにこういう写真をどこどこで撮影しよう
という流れで撮影できれば良いのですが、現状は、
ここでこういう雰囲気で撮影したらどうだろう?
と考えての撮影が多いですので、どちらかと言うと、行き当たりばったりで撮影した写真ばかりです。まだまだ修行が必要であることを痛感してしまいますね。


記事をお読みいただき、ありがとうございます。
次回もよろしくお願いいたします。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました