ストックフォトに巣ごもり需要はないのか?

新型コロナ StockPhoto
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「withコロナ」というか、コロナウイルスと共に過ごしていかなくてはならない世の中ですが、そんな世の中だからこそのストックフォトって何かないかな?というのを考えてみたいと思っています。最近、できるだけ発想力を鍛えたくて、いろいろイメージ化するようにしているのですが、自分で机上でまとめても身につかないため、記事化させてもらいました。


スポンサーリンク

新型コロナ「第3波」

新型コロナウイルスの第3波と思われる状況になってきました。第1波や2波のころを考えると、これからまた「自粛生活が必要」という世の中になってしまうのでしょうか?コロナウイルス関連のニュースを見ながら何となくそんなことを考えてしまいました。自粛にしても巣ごもりにしても、どこかしらに需要はある訳で、「巣ごもり需要」なんて言葉もありましたし、それをストックフォトとして何か有効活用できないものか?と考えてみたのですが、その整理中状況をまとめてみました。

某社の「自宅での消費活動や過ごし方」というアンケート結果によると、どうやら7タイプに分けられるとのこと。
 ①おうち時間充実型
 ②エクササイズでストレス発散型
 ③趣味に没頭エンジョイ型
 ④趣味&実益を兼ねた手作り型
 ⑤自己投資・スキルアップ型
 ⑥自分見つめなおし方
 ⑦癒し・リラックス型

確かに、誰でもどれか もしくは 複数に該当しそうですね。


タイプ別にストックフォトネタを探してみる

このうち、何かしらストックフォトと親和性が高そうなものはというと…。
 ③趣味に没頭エンジョイ型
 ④趣味&実益を兼ねた手作り型
 ⑥自分見つめなおし方

といったあたりがすぐに頭に浮かびました。ない頭を使って、それぞれもう少しだけ深掘りしてみようと思います。


③趣味に没頭エンジョイ型

ゲームに熱中

基本的には自宅でゲームや読書などのインドア系の趣味に没頭するタイプらしいのですが、もう少し広げてみると、ブログについても当てはまるかな?と。
ブログということは、何かしらの写真が必要となる可能性がありますので、ストックフォトに関係すると言えば関係しそう。ただし、ブログを書く人が増えるということだけで、どのような分野なのか?については今までと変わらない気がしますね。


④趣味&実益を兼ねた手作り型

料理する人

③とも近そうなのですが、趣味&実益を合わせた手作りを楽しむタイプのようです。「実益」はよくわかりませんが、発想されるのは料理とか手芸など。
ということは、料理や手芸関連のブログやサイトが人気が出る可能性がありますし、さらに自分自身で作る場合にそれをブログの記事にするというパターンもあり得ますね。

自分で作成した場合は自分で使用したものの写真を撮りそうですが、比較だったりうまく撮影できなかったりという可能性がありそうです。
とすると、料理系や手芸系のストックフォトは需要が増える可能性があるということですね。
最近は料理系などについては動画形式のものが多いですが、それでも写真式のものもまだまだいけるハズ。


⑥自分見つめなおし型

断捨離

断捨離などで身の回りを掃除し、気分転換をするタイプとのこと。フリマアプリで不用品を売る人とかが増えたのはこのタイプの考え方なのでしょう。
直接関係性を見つけるのはちょっと厳しそうですが、④同様に何かしらのブログやサイトを参考にする可能性がありますので、掃除関連のストックフォトは需要が増える可能性があるということではないでしょうか?

と、ここまで考えたのですが、よくよく考えてみると、①~⑦まですべてのタイプにおいて、何かしらのブログやサイトを参考にするのではないでしょうか?関係しそうなパターンを深掘りしていくのではなく、全体的に浅掘りしてみようかと思います。


巣ごもりをテーマにして撮影しておきたい被写体

これから撮影してだと、ギリギリな感じもしますが、しばらくの間は継続して使用できるキーワードとなる可能性がありますので、仕込みは進めておきたいと思います。

撮影できる/できないは別として、想定される需要が高まりそうなストックフォト被写体としては、
 ・宅配サービス系(宅配している人、配送車(バイク含む))
 ・某フードデリバリーで良く使用されている荷物入れ(四角いやつ)
 ・フードデリバリー系の箱や器、どんぶり、アルミ製出前箱…
 ・エクササイズ関連(エクササイズしている人、道具)
 ・ゲームに没頭している人、山積みの本、子供とゲームをしている人…
 ・ソロキャンプ関連(キャンプしている人、道具、料理…)
 ・手芸用品、調味料、料理をしている人、手芸をしている人…
 ・スキルアップ本、パソコン講座に関連しそうなもの
 ・掃除用具、粗大ごみ、フリマアプリ関連
 ・アロマ関連、ハーブティー関連。コーヒー関連品?
というところでしょうか。キーワードだけでもなかなかのボリューム。
この中から自分で撮影できそうな被写体を探してみようと思います。


SandAが撮影できそうなものをピックアップ

いくつか思いつくものをあげましたが、その中でSandAでも撮影できるものはというと。
 ①山積みの本(小説やHowTo本など。表紙は塗りつぶす?)
 ②バーベキュー用品
 ③コーヒー関連品(サイフォンセット)
 ④フードデリバリーの箱/器
といったところでしょうか?あとはキーワードになりそうなものをPIXTAさんあたりで検索してみて、何か思いつけないかな?というところ。

現状でピックアップしたものは、ほとんどが物撮りセットがあれば・・・という前提がついてしまいますね。以前も準備を考えたのですが、物撮りセット(撮影キットとか呼ばれるもの)が手元にあると良いのでしょうかねぇ…高価なものは手が出せないし、安いとそれなりの品質だと言われるし、手作りできるほどのスキルはないし…うーん、悩みどころですね。

やはり、撮影に協力してくれるモデルさんさえいれば、大分、撮影可能な範囲が広がるものの、SandAのようなボッチだと、なかなか厳しい。100円ショップなどで小物を購入してくれば、多少は撮影できる範囲が広がるものの、複数枚売れてくれないと購入分の元が取れないですよね…。あとはストックフォトで元を取るのではなく、何かしらに使えそうなものを購入するパターンですが、被写体にできそうなものとイコールになるものがあまり見当たらない。

撮影イメージの具体化とか言語化ができるようになれば、撮影イメージの発想力自体もアップできそうな気がしますが、まだまだ修行が必要なSandAです。ものは試しということで撮影セットと呼ばれる箱型のものと簡易照明を購入してみようかなと思います。


記事をお読みいただき、ありがとうございます。
次回もよろしくお願いします。


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました