スポンサーリンク
ストックフォトの使われ方

ストックフォトの使われ方!自分の写真をネットで発見4

諸事情でブログ更新ができない状態が続き、そのままフェードアウトしそうな勢いでしたが、久々にブログ更新できることになりました。2ヶ月近くのご無沙汰でした。 その間、自分の写真をネットで発見!しかも2枚も! 軽くご紹介させていただきたいと思います。 ちなみに、今後も可能なペースでブログ更新を続けていきますので、よろしくお願いいたします。
ストックフォトの使われ方

ストックフォトの使われ方!自分の写真をネットで発見3

ストックフォトサイトで写真をダウンロードしてもらえるということは、その写真は何かしらに使用されるということだと思いますが、ダウンロードしていただける度に、どのような形で使用されるのかを想像するのが楽しみで仕方がないSandAです。ダウンロードしていただけても、その写真がボツになることもあるでしょうし、ネット検索できない媒体に使用されることもあるとは思いますが、Googleさんの画像検索で小まめにチェックしています。
ストックフォト活動状況

151日目 素人ストックフォトグラファー活動状況

ストックフォトグラファーを目指して151日目のSandAです。気が付いたら、ダウンロードされた写真数も10枚を超えていますし、いつの間にかタバコ1箱であればなんとか購入できる金額が見えてきました。当初は数年かかるのではないか?と思っていたので、ありがたい限りです。
スポンサーリンク
DLされた写真

iStock 2020/11 ダウンロードされた写真が判明

iStockさんでの締め日が過ぎ、2020/11にダウンロードしていただけた写真の詳細が判明。1枚だけではありますが、やはりうれしいですね。そして、iStockさんでは、ダウンロードされてから詳細判明するまでにちょっと間が空くので、どの写真がダウンロードされたかが分かった時点で、すでにニュース記事などに使用されていることが多い気がします。毎月このタイミングでどの写真がどのように使用されているのかをチェックするのは、なかなか楽しいですので、できれば毎月楽しみたいです。
機材

ストックフォトグラファー向けのパソコンって何?

ストックフォト向け(というか、RAW現像向け)のパソコンってご存じですか?SandA(私)は全然知らなくて、びっくりしました。確かにRAW現像しているとパソコンのCPU使用率が高くなるし、なかなか処理が終わらないということがあるので、ある程度のスペックが必要なのだろうなとは思っていたものの、「RAW現像向け」というラインナップがあるとは… 相変わらずざっくりですが、調べてみましたので情報共有させてください。
機材

スマホ写真でストックフォト活動ができるか?

「スマホ写真でストックフォト活動はできるのか?」と何人かに聞かれたことがあります。 いきなり結論となりますが、できるかできないかで言うと、「スマホ写真でもストックフォト活動はできます」となります。 では、スマホでストックフォトを考えるのであれば、どこのストックフォトサイトが良いかというと、スナップマートとPhotoACがオススメになります。
PIXTA

PIXTA 2020/11申請分 審査完了

PIXTAさんの2020/11申請分についてすべての写真が審査完了しました。 普段でであれば、モチベーション維持の1つである「新規に申請した写真を自分のポートフォリオ内でおすすめ順で上位表示させる」の状況を確認したい所なのですが、先に結果から書いてしまうと、Top5に入る写真なし。そして、久々に審査NGとなった写真が発生。 ・・・あまりの凡ミスにかなり凹んでしまいました… とりあえず、状況整理だけはしましたので、ご確認ください。
機材

ストックフォト向けのSDカードとは?

ストックフォト活動を進めるうえで、カメラと同等レベルで必須アイテムとなるのがSDカードです。SDカードについて、知っているようで知らないことっていうのは、意外に多いです。 よくある疑問点としては、「値段がピンキリでどれが良いのかよくわからない」ということ。 最近いろいろと調べて、そのあたりがちょっとだけ詳しくなったSandA(私)がストックフォト向けのSDカードについて整理してみようかと思います。
PIXTA

PIXTAの2020/11申請分 第2弾が審査完了

PIXTAさんの2020/11申請分の第2弾が審査完了しました。<br>先に書いてしまいますが、SandA(私)の最近のモチベーション維持の1つである、「新規に申請した写真を自分のポートフォリオ内のおすすめ順で上位ランクインさせる」ということが珍しく達成できましたので、かなり嬉しい状況です。SandAだけではないと思っているのですが、ストックフォト活動を続けていると、売れない。ということで、落ち込んでしまったり、モチベーションが下がってしまうことが多々ありますせんか? ポートフォリオ内の順位チェックはおすすめです。
ストックフォト活動状況

144日目 素人ストックフォトグラファー活動状況

ストックフォトグラファーを目指して、144日。少しづつではありますが、各社の採用枚数も増えてきており、次は「量」ではなく、「質」にこだわっていきたいと思うこの頃です。 しかし、「質」にこだわった瞬間、申請できる写真の数が劇的に減ってしまうため、撮影技術があがり、ストックフォトらしい写真が撮影できるようになるまでは、「そこそこの質」を目指すことになりそうですね。
DLされた写真

Shutterstock ダウンロードが発生!(やっと2枚目!)

かなり久々にShutterstockさんでダウンロードしていただけました。ダウンロードしていただけるって嬉しいですね。ウキウキしながらどの写真がダウンロードされたのか?を確認したところ、ちょっと予想外の写真で驚きました。2週間に1枚か2枚くらいダウンロードしていただけるようになってきたので、毎日ダウンロード状況をチェックするのが楽しみになってきました。 欲を言えば、もっと「ストックフォトで稼いでる!」と宣言できるほどダウンロードしていただきたいものの、実力が足りていないので仕方なしですね。
PIXTA

PIXTAの11月申請分が少し審査完了。今回は13枚

予想通り、PIXTAさんへ11月分として申請していた写真の審査が一部完了しました。ある意味、おっかなびっくりという状態で今月もこの審査状況確認のタイミングとなってしまいました。 最近のモチベーション維持の方法として、新規に申請した写真を自分のポートフォリオ内おすすめ順での高順位に持っていきたい!ということをしていますので、審査結果以上にポートフォリオ内でどの位置で表示されるのか?というのを気にしております。
2020.12.15
PIXTA

2020/12 PIXTA ポートフォリオのアクセス数をチェック

そろそろPIXTAさんで11月申請分の審査が完了し始めるタイミング。その前にアクセス数を一応確認。アクセス数が多ければ売れるという訳ではないことは理解しているものの、やはり気になるので。しかもテキトーすぎる性格のせいか、チェックタイミングが定期的になっておらず、すいません…
AdobeStock

AdobeStock:コントリビューター(寄稿者)登録手順

ストックフォト関連のブログを書いているので、各ストックフォトサイトへの登録方法は記事にしておきたいということで、今回はAdobeStockさんへの登録手順を簡単にまとめました。 一緒にストックフォト活動をしてくれる仲間も増やしたいですしね。 複数のストックフォトサイトに登録している人で、AdobeStockさんが一番売り上げがあがっているという話をよく聞きますので、もしかすると一番効率が良いストックフォトサイトなのかもしれませんね。
改めてストックフォトを考える

【ストックフォト向けのカメラ】改めてストックフォトを考える。ストックフォト活動5ヶ月で行き詰まり中。

ストックフォトを始めてもうすぐ5ヶ月。 スタート時点は、「とりあえず手持ち写真を申請」から入りました。 その後は、「それっぽい写真を撮影して申請」という状況になり、案の定まったく売れず(ダウンロードしてもらえない)、撃沈。。。 次に考えたのが、「ストックフォトの研究」ですが、それに伴い、機材についても考えるようになりました。もろもろ研究中の状態なため、この先、1年、5年と継続していけばまた考え方も変わるでしょうが、ここまでで気づいたことをまとめておきます。改めて取り組み方や機材などを考えてみたところ、思いのほか、大容量(2万文字以上)となってしまったので、何記事かに分けようと思います。 前回、ストックフォトの撮影技術などについてまとめてみました。 今回はカメラに関しての記事になります。
2020.12.14
改めてストックフォトを考える

【ストックフォトの研究】改めてストックフォトを考える。ストックフォト活動5ヶ月で行き詰まり中。

ストックフォトを始めてもうすぐ5ヶ月。 スタート時点は、「とりあえず手持ち写真を申請」から入りました。 その後は、「それっぽい写真を撮影して申請」という状況になり、案の定、まったく売れず(ダウンロードしてもらえない)、撃沈。 次に考えたのが、「ストックフォトの研究」ということ。 まだまだ研究中。この先、1年、5年と継続していけばまた考え方も変わるでしょうが、ここまでで気づいたことをまとめておきます。 改めて取り組み方や機材などを考えてみたところ、思いのほか、大容量(2万文字以上)となってしまったので、何記事かに分けようと思います。 今回はストックフォト撮影技術などについての話題です。
2020.12.11
ストックフォト活動状況

137日目 素人ストックフォトグラファー活動状況

ストックフォトグラファーを目指して、137日。前回報告では好調であったダウンロード数もゼロに戻り、いつも通りの状況に。そのおかげで、ダウンロードされました!系の記事を書くこともめっきりなくなり、ブログ的にはちょっと手持ち無沙汰に。やはり、記事にできるようなイベントごとが多少でも発生してくれると嬉しいですね。
StockPhoto

今から始めるとして、ストック ジャンルはどれが始めやすい?(写真?イラスト?映像?)

ストックサービスがかなりメジャーな世界になってきました。ここで言うストックサービスとは、写真やイラストなどの作品をサイトに登録し、その作品が欲しい人たちが有料でダウンロードしてもらうことで収益を得る仕組みとしています。ブログや各種媒体向けの写真であったり、イラストなどです。 今回はこれから新規参入するとしたら、どのジャンルが始めやすいかというのを整理しています。これから始めてみようと考えている方のご参考になればうれしいですね。
2020.12.12
写真データ

写真データの保存方法:クラウドでの保存。クラウトストレージを比較。

日々、データ容量が増大していく写真データの保存先を探し中のSandAです。ハードディスクなどの記録媒体で考えていましたが、メンテを含めていろいろ手間がかかります。そこで信頼性が高く、メンテの手間もいらないクラウドストレージに着目。SandAが知らなかっただけでお恥ずかしいのですが、クラウドストレージもなかなか良いですね。
2020.12.08
写真データ

記録媒体の寿命チェック。大事な写真データの保存方法で一番良いものは?

先日、写真データの保存方法についての記事を書いたのですが、そもそも各種記録媒体の一般的な寿命ってどんなもんなのだろう?と気になってしまい、軽く調査をしたので、一応記事化しておきます。相変わらず、写真データの保存方法に悩んでおり、良い保存法が見つかるといいのですが…。クラウド利用で保存するのが一番なのですが、それなりの容量があるので、費用がかかってしまうのが何とも…。
2020.12.08
スポンサーリンク
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました