PIXTA 8月申請分 審査完了 (ご褒美アリ)

PIXTA
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PIXTAさんへの8月申請分について、審査が完了したようなので、どのような状況となったかを振り返ります。本来の目的は、ストックフォトで売上をあげることなのですが、とりあえずは品ぞろえ(ストックフォトサイトでの写真のラインナップ)を多く、良くしなくてはなりませんので、当面の間、目指すところは、採用枚数のアップです。

スポンサーリンク

8月申請分

PIXTAさんにて8月にストックフォト採用申請を行ったのは40枚。その時点での、私なりのPIXTAさんの傾向を対策して、強気で臨んだ40枚の写真たち というか 子供たちだったのですが、結果はどうだったんでしょう。サクッと先に結果を書いてしまうと、

採用:35枚。審査NG:5枚。8月申請分の採用率は87.5%

PIXTAさんへの個人的な採用率目標は90%ですので、下回る結果となってしまいました。残念。ただ、チャレンジのつもりで他社のストックフォトサイトでは申請しないような写真(看板を含む日本語が入っている写真など)や自分でもちょっと過剰かもと思うようなレタッチを施した写真などを申請していたので、申請した当時としては、ある程度の審査NGは織り込み済みでした。でも、90%はいくだろうなと勝手に思っていたのでちょっとガッカリです。


審査OK

今回審査OKとなったものは、ずいぶんとバラエティーに富んだ写真たちになってます。自然もの(富士山、太陽、雲、紅葉、川 etc)や建造物(街中の建物、スカイツリー、お寺などの門、名所の看板 etc)、動物(ワンコや牧場の動物)、タコ焼き。
これまで撮りためていた写真の中から厳選したものとチャレンジのつもりの街中とタコ焼き(スマホ撮影)。
まぁ。撮りためていた写真というか、撮ったはいいけどそのまま放置していた写真でしたので、うまく厳選できたのは良かったですが、この先は今回申請から漏れた写真の中から選ぶか、新規で撮影した写真の中からピックアップすることになりなりますので、ちょっと品質レベルが低くなってしまう可能性があることが悩ましいですね。

ーータコ焼きーー

68658315

(c)SandA画像素材 PIXTA –


審査NG

審査NGとなったのは、モデルリリース/プロパティリリースがないもの、過剰レタッチのもの、レタッチ漏れ(人の映り込みの見逃し)という内容でした。ある程度厳選したおかげなのか、PIXTAさんは審査が甘めなのか、他社ストックフォトサイトでの審査NG理由で良くある「技術的な問題」というのがなかったのは、ちょとだけ嬉しかったですかね。

【8月審査分NG No.5】

審査NG理由:販売にあたり、被写体の著作者・所有者・管理者もしくは権利保有者の方の許可が必要かどうかご確認ください

うーん、、、アート作品の扱いになってしまったということですかね。私自身が、撮影可能なものとダメなものの明確な違いがまだちょっと理解できていないということですね。まぁ、かなり曖昧な部分がありそうですが。。。同じ被写体の写真は探せませんでしたが、ほぼ同じような被写体で採用になっている写真もたくさんあるのですが、これらってすべてプロパティリリースを取得済みってことですかね?まぁ、審査担当者様のご判断に文句は言いますまい。


【8月審査分NG No.6】

※8月審査分NG1~4までの個別コメントについては、次の項の前回記事をご確認くださいませ。


PIXTA 8月分の審査状況についての前回記事

PIXTAさんの8月申請分について、先日こんな記事を書いてました。思惑通りとはいかず、なかなか厳しい状況となりましたが。

 ↓↓↓8月分の審査状況についての前回記事はこちら↓↓↓


8月申請分 ご褒美 (2020/09/17 追記)

昨日、8月申請分の審査がすべて完了したわけですが、ご褒美が届いてました。アップロード可能枚数が「」枚アップです。PIXTAさんのホームページにはアップロード可能枚数アップについての詳しい条件は書かれていないのですが、私の過去のアップロード可能枚数アップ状態&このブログにコメントいただいた内容&ネット調べより、少なくとも以下は判明。

アップロード可能枚数+5枚の条件
・アップロード可能枚数枠をすべて使い切る
・審査通過率:80%以上

もちろん、これが正しいのかはまったくわかりませんが、以前のご褒美(+5枚 ×2回)と今回のご褒美(+5枚)を考えると、こんな感じに見えますね。ちなみに以前は審査通過率は90%を超えていました。
コメントいただいているのですが、審査通過率100%(審査NG率0%)で行ければ、より枚数アップが期待できるらしいですね。私は次回、それを狙っています。詳しくは次の項で。

また、ネット調べではありますが、枚数アップできていない方は審査通過率が80%以下が多いようです。50%とのか人も時々見かけます。ただ、単純比較できないかなと思うのは、皆さん記事を書いている時期が異なるので、もろもろの条件が違う可能性も高いかなと思います。というのは、私は最初から30枚まで申請できましたが、数年前に登録の方は10枚しか申請できなかったようです。

初期段階での枚数アップは、裾野を広げるため or これくらいでないと継続してくれなくなるって人が多い のどちらかみたいな感じでしょうかね。


9月申請分に向けて

次回申請となる9月分については、8月分とはちょっと思いを変えての申請になります。というのも、申請枚数制限(アップロード枚数制限)を増やしたいと思っており、いろいろ試行錯誤をしています。目標は100枚/回の写真を申請すること。これに向けての一番の近道が、「申請分のNG率0%」であると見込んでいるからです。

↓↓↓NG率0%を目指すの過去記事はこちら↓↓↓


申請候補たち

現時点での次回申請候補たち。この前記事にした時よりも多少の増減アリ。いろいろ思惑通りにいってくれないと、この中から複数回分の申請をすることになりますので、ある程度の数と質を確保しないといけないのですが、なかなか増えないですね。。。


ストックフォト 技術向上活動

先ほども触れましたが、手持ちのストック写真が少なくなってきてしまっていますので、新作を準備しなくてはなりません。それも質が良いと思われるものを。とすると、できるだけ早くもろもろレベルアップしておきたい。もちろん、そんなにすぐに成果が出るとは思ってないのですが、それでも早く自分自身の成果を見てみたいな。

撮影テクニックのレベルアップ

先日、撮影テクニックに関する書籍を何冊か購入しました。カメラ操作関連と物撮り系での配置などが詳しく書かれている本でした。それを読んでみると、そもそも「い・ろ・は」に「」すら理解できていなかったんだなと軽く落ち込みました。本を熟読しつつ、カメラを持って試し撮りして、また本を眺めるというようなことを繰り返しています。プロのカメラマンになる気もなれる気もありませんが、でも、自分で良い写真が撮れるときっと気分がいいですよね。せめて自分で納得できる写真が撮れるようになりたいです。まぁ、修行あるのみですが。

写真の練習時間とこのブログを書く時間で、空き時間がほとんどなくなってしまいました。フォトストックサイトに申請する写真を準備する時間(選別する時間、レタッチする時間、申請自体の時間と結構時間が必要となる)を何とか捻出しなくてはいけません。


撮影機材でのレベルアップ

ちょこちょこと記事していますが、新しい撮影機材の購入を検討しています。具体的には、単焦点レンズ。単焦点レンズは初心者の練習に最適なレンズらしいですよ。ということは、撮影テクニックのレベルアップにもつながることになりますよね。欲しいなぁ。単焦点レンズ。

<現時点の最有力>

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G



ちなみに、こちらのページを参考にさせてもらいました↓↓↓


コメント

  1. 匿名さん より:

    彫刻等は、それが主たる被写体になっている場合はNG、公共の場所で風景に映り込んでる場合はグレーです。著作権46条(公開の美術の著作物等の利用)参照のこと。

    SandAさんの彫刻の写真はおそらく私有地のものなのでNGでしょうね。

    ディズニーのキャラは特に厳しくて、町並の写真で、おもちゃ屋や露天商の中にディズニーのぬいぐるみやお面などが映り込んでいるだけでNG

    • SandA より:

      コメントありがとうございます。そうですか。私有地なのですか。うーん。。。といった感じですね。他のものとの差異がわかりずらい。ま、仕方がないので諦めます。
      一応、著作権46条はチェックしておきます。(理解できなさそうですが・・・)
      ディズニーはやっぱり厳しいんですね。そら、そうですよね。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました