PIXTAの11月申請分が少し審査完了。今回は13枚

PIXTA2020/11-1 PIXTA
スポンサーリンク
スポンサーリンク

予想通り、PIXTAさんへ11月分として申請していた写真の審査が一部完了しました。ある意味、おっかなびっくりという状態で今月もこの審査状況確認のタイミングとなってしまいました。
最近のモチベーション維持の方法として、新規に申請した写真を自分のポートフォリオ内おすすめ順での高順位に持っていきたい!ということをしていますので、審査結果以上にポートフォリオ内でどの位置で表示されるのか?というのを気にしております。


スポンサーリンク

PIXTA 11月申請分①

PIXTA状況20201211

2020/11分として申請した50枚の写真。まず第1弾として13枚の写真が審査完了。同じ日の申請している写真が他にもあるのにこの13枚だけ先に審査が完了したのはなぜ?ということは考えません。
ストックフォトとして採用されそうな写真の申請を目指したものの、いろいろ間に合わず、一部変な写真が混じっていますので、結構ドキドキしています。
上の状況一覧ですが、販売中の枚数が1枚反映されていませんね。販売中は185枚です。


PIXTA 11月申請分①の状況

第1弾は13枚。さて、どのような状況でしょうか?

<2020/11申請第1弾>
 申請枚数:13枚
 採用枚数:13枚
 採用率 :100%

数字だけ見れば、良い感じ。ただし、最近注目しているのは中身なので、この数字だけで良かったとはそこまで思わないですが、でも、すべて審査通過はうれしいですね。
ちなみに厳密に言うと、同じ日付でもう何枚かあるのですが、それらはどうして今回のタイミングで審査完了しなかったのでしょうかね?もしかして、要チェック項目があり、審査NG行きですかね?なんて悪い方の想像してしまいます。


今時点でのPIXTA活動状況

今回の13枚を加えた状態でのPIXTAさんでの状況です。

登録日 :2020/07/21
申請枚数:230枚
採用枚数:185枚
審査中 :37枚
採用率 :96%
販売枚数:3枚

いつも通り、数字だけ見るとそこそこ。そして審査通過した写真の質はイマイチという感じでしょうか?わかってはいましたが、なかなか奥が深いですね。


マイポートフォリオ内順位

これがやりたいがために、審査状況の記事を書いている気がします。
現時点でのモチベーション維持方法の1つで、新規に申請した写真で、それまでのポートフォリオ内のベスト5順位を崩したいと思っています。
さてさて、今回の13枚は健闘してくれたのでしょうか?


No.1
69547092

(c)SandA画像素材 PIXTA –

No.2
69546979

(c)SandA画像素材 PIXTA –

No.3
70714600

(c)SandA画像素材 PIXTA –

No.4
70714602

(c)SandA画像素材 PIXTA –

No.5 ★★ NEW! ★★
71720017

(c)SandA画像素材 PIXTA –

No.6 ★★ NEW! ★★
71719895

(c)SandA画像素材 PIXTA –

まあ、Top5といいつつ、6枚紹介してしまいました。
だって、6枚目も新入り君なので。

5番目はお馴染みの二子玉川の風景です。No.1、3、4の二子玉川の写真で気を良くしてしまい、新規に撮影したもの。
レタッチなしです。ビルについている企業ロゴもそのままにしてみました。ロゴで弾かれるかな?と思ったものの、無事に審査通過してくれて良かったです。今後も企業ロゴは残してみようと思っています。

6番目は同じく多摩川河川敷に設置されていた仮設トイレです。たくさんの仮設トイレってあまり出会わない(普段であるのは1つだけとかが多い)ため、面白いかな?と申請したもの。山奥(?)で開催するフェスとかでも仮設トイレの群れはありそうですね。
日本語の注意書きがドアに貼ってあったのですが、試しにそのまま申請したものでしたが、申請通過してくれました。

どちらも狙ったキーワードで全体検索しても30番以内には入れなそうな感じですね。1ページ目にはぎりぎり入れそうですが…。

前回は2ページ目にも入れていなかったので、それを考えるとちょっと良い写真になってくれたのかもと思うことにしました。

できれば、表彰台順位を入れ替えたいのですが、次回にお預けとなってしましました。

前回チェックしたTOP5はこちらの記事の下の方にありますので、気が向いたらご確認ください。


ストックフォト活動宿題事項

ストックフォト関連 宿題事項

<学習>
 ・PIXTAさんの公式ガイドラインを再度熟読
 ・ほかの方のアクセス数が多い作品のチェック(自分との違いを見つける)

 ・曇りの日用の撮影テクニックの研究
 ・撮影テクニック全般の勉強(まずは知識をつけたい)


<撮影シチュエーション>
 ・長時間露光撮影のやり方を学習する
 ・室内での物撮りの準備→練習
 ・「不動産系ストックフォト」の追求(PIXTA向け)
 ・愛犬の写真をこれまで以上に撮影してみる(要ドッグランなど)

<効率化>
 ・各ストックフォトサイトへの申請方法の効率化を考える
 ・写真管理方法で良い方法がないかを考える

<継続項目>
 ・ライバルが少なそうなジャンルを狙う
 ・タイトル/キーワードのセンスアップ
 ・タイトルやキーワードの英語対応

 ・タグ数は最大まで登録する(定期的に見直す)

最近は、優先的に室内撮影の準備を進めています。
明るさを変えたり、レンズを変えたり、シャッタースピードを変えてみたりといろいろお試し中です。物撮りで灯の位置をちょっとづつ修正しながらシャッタースピードを遅くして撮影すると、さらに影が少なくなって面白いのですが、それをストックフォトにどう生かせば良いのやら…。


記事をお読みいただき、ありがとうございます。
次回もよろしくお願いいたします。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました