PIXTA マイポートフォリオのアクセス数をチェックしてみる

クジラの写真 PIXTA
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ある程度定期的(1ヶ月くらい?)にアクセス数をチェックするようにしてみました。定期的といいつつ、前回から微妙な間になってしまっていますが。撮影技術もそうですし、被写体の選定やそのイメージ化など、やらなくてはならないことがたくさんあるので、こんなアクセス数なんてチェックしている暇があるなら、そっちをやれ!と言われてしまいそうですが、やはり気になるので調べてみました。


スポンサーリンク

PIXTAのアクセス数の確認方法

SandAが使いこなせていないだけなのかもしれませんが、各ストックフォトサイトでアクセス数を細かくチェックできるのはPIXTAさんとiStockさんだけだと思います。使い勝手などを考えて、チェックしているのはPIXTAさんだけですが。

以前にも簡単に書いていますが、画面での一覧表示はもちろんですが、登録されている写真情報をcsv形式でダウンロードすることもできます。ちなみにcsv形式でダウンロードした時に入手できる情報は以下の通りです。
 No.、種類、ステータス、アップロード日、独占設定、
 アクセス数、販売回数、タイトル、フォルダ名、ファイル名、撮影日
SandAは登録されている写真がまだ100枚ちょっとですが、すでに画面表示からのチェックだけではチェックしきれないので時々、csvで抜き出して、表計算ソフトでチェックしています。
数百枚、数千枚、それ以上のクリエイターの方もいらっしゃいますので、皆さん、チェックされる方はそのようにしていらっしゃるのだと思います。


アクセス数の構成比を確認してみる。

前回チェックしたのが2020/10/27。その前が2020/09/27。ちゃんと定期的にということであれば11月末くらいが良いのですが、なんとなくチェックしてしまったもので、2020/11/16時点のアクセス数と比較してみます。

アクセス数2020/09/272020/10/272020/11/17
81~901(1%)
71~80
61~702(1%)
51~601(1%)
41~503(3%)2(1%)
31~402(3%)3(3%)8(6%)
21~303(4%)8(7%)9(7%)
11~204(6%)8(7%)9(7%)
1~1043(64%)92(79%)105(77%)
015(22%)3(3%)

最新状況について

とりあえず、アクセス数ゼロがいないのは良かったものの、それには後述する理由があります。全体のほとんどがアクセス数10以下ですので、やはり写真の質的にイマイチなのだろうなと自己分析しています。

上位4枚くらいが、前々回~前回の約1ヶ月でのアクセス数に比べ、前回~今回の約3週間で倍くらいのアクセス数を稼いでいます。これはなぜ?というのがわかれば、売れる可能性の高いストックフォトを撮影するのに役立ちそうですが、原因がどうしてもわからないですね。しいて言えば、採用枚数が100枚を超えたため、噂で聞いたあの現象が出ているのかと。あの現象というのは、「採用枚数がある程度多ければ、一定期間、全体でキーワード検索した際に上位に表示されやすくなる」というもの。といっても100枚程度なので、そんなに効果がある訳でもないと思うものの、もしかして本当ですかね?

PIXTAさんで言うと、「どうしても売れずに一定期間であきらめてしまう」という人が多いようです。クリエイター数としては30万人近くいるらしいのですが、その大部分が一定期間でやめてしまっていると考えると、そのやめてしまった人たちは採用枚数が100枚まで言っていないのではと思っています。それが正しいとすると、実は採用枚数:100枚以上の人ってそれほど多くないのかなと勝手に思っています。その場合、一定期間の間ではありますが、上位に表示されやすくなるというのもあり得るのかな?と勝手に思うようになってきました。

PIXTAさんで登録枚数とクリエイター人数の割合って公表してくれないですかね?


アクセス数ゼロがいないのは?

申し訳ありません。ズルしたのかもしれません。最近審査通過となった写真のPIXTA登録No.を確認する際に、データで落とせばよいところを1枚1枚アクセスして確認してました。自分のアクセスでもアクセス数は増えるので、そのチェックした時のアクセスがカウントされてしまっているのではないかと思います。以降、気を付けたいと思います。

思い当たるアクセス数ゼロがない理由はもう1つ。ブログの中で「今日の1枚」としてアクセス数が少ないものを順番に取り上げていました。こんな弱小ブログでもチェックしてくれる方がおり、きっとその方がクリックしたのがカウントされたのではないかと思います。


アクセス数と売上の関係性は?

関係がありそうではありますが、関係ないと思います。SandAが唯一ダウンロードしていただけた写真は、アクセス数が35でした。SandAの手持ちの中でも、もっとアクセス数を稼いでいる写真はありますからね。ただ、1アクセスしかなくても売れる写真もあれば、100アクセスあっても売れない写真があることは事実だと思うのですが、それでもアクセス数がゼロだと売れることはないのだと思いますので、アクセス数ゼロは避けたい所。

SandAとしては、アクセス数を気にするのは、売上のためというよりは、モチベーション維持のためですかね?最近審査通過した写真などがアクセス数が多ければ嬉しいですし、自分のお気に入りの写真に多くのアクセス数が集まれば、さらに嬉しいですからね。その嬉しいをモチベーションにかえてストックフォト活動を頑張って行こうという気分になります。


Top5の写真はこちら

No.1 アクセス数:87
67624792

(c)SandA画像素材 PIXTA –



相変わらず1番アクセス数が多いのはこの写真。このブログのアイキャッチにも使ったりしている写真ですね。
このシリーズで何枚か撮影しており、先日審査通過しました。でも、この写真が1番いい写りな気もします。

No.2 アクセス数:69
68169137

(c)SandA画像素材 PIXTA –



散歩中にたまたま撮影した写真なのですが、ストックフォトらしい1枚になっていると思うものの、ライバルが多い被写体ですので、あまり売上は期待していない写真です。

No.3 アクセス数:65
67624860

(c)SandA画像素材 PIXTA –



手元の桜関連の写真の中では一番まともではあると思いますが、いかんせん、ライバルが多い被写体ですので、売上はあまり期待していない写真。

No.4 アクセス数:55
69547092

(c)SandA画像素材 PIXTA –



SandA的には最近一押しの写真です。多摩川越しに二子玉川を見た風景ですね。
PIXTA全体で「二子玉川」と検索してもボチボチ上位に表示されてくれています。
それでもアクセス数はあまり伸びず。

No.5 アクセス数:48
68664016

(c)SandA画像素材 PIXTA –



SandAとしてはこの写真もお気に入り。人物が映らないようなタイミングで青天の時を狙って撮影した写真。SandA的にはストックフォトらしく撮れていると思っているのですが、どうでしょうか?

その他についてはこちらからご確認ください。


スポンサーリンク

ストックフォト関連宿題事項

自分で自分にかしている宿題事項です。この宿題事項をしっかりやれば、申請済みの写真のアクセス数はあがるし、新規撮影した写真は売れるしと良いことづくめになるはずなのですが、なかなうまくいきませんね。

ストックフォト関連 宿題事項

<学習>
 ・PIXTAさんの公式ガイドラインを再度熟読
 ・ほかの方のアクセス数が多い作品のチェック(自分との違いを見つける)

 ・曇りの日用の撮影テクニックの研究
 ・撮影テクニック全般の勉強(まずは知識をつけたい)


<撮影シチュエーション>
 ・長時間露光撮影のやり方を学習する
 ・室内での物撮りの準備
 ・「不動産系ストックフォト」の追求(PIXTA向け)
 ・愛犬の写真をこれまで以上に撮影してみる(要ドッグランなど)

<効率化>
 ・各ストックフォトサイトへの申請方法の効率化を考える
 ・写真管理方法で良い方法がないかを考える

<継続項目>
 ・ライバルが少なそうなジャンルを狙う
 ・タイトル/キーワードのセンスアップ
 ・タイトルやキーワードの英語対応

 ・タグ数は最大まで登録する(定期的に見直す)


スポンサーリンク

記事をお読みいただき、ありがとうございます。
次回もよろしくお願いします。


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました