PIXTA アプロード可能枚数の整理をしてみます

カメラの写真 PIXTA
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PIXTAさんのアップロード可能枚数の整理をしておきます。記事中で何度か取り上げているものの、ちゃんと整理した記事を書いていなかったので。私、SandAはPIXTAさんのアプロード可能枚数をかなり気にしています。できるだけたくさんアップロードできるようになりたい。たくさん申請できるのであれば、複数カット撮影していた場合などで、同じ被写体で複数枚投稿するのは…とか、ちょっとチャレンジングすぎるかな?という気がして申請をあきらめたような写真も申請できるような気がしますからね。


スポンサーリンク

PIXTA アップロード可能枚数

ネットを探すと多くの記事がヒットしますが、その記事が書かれたタイミングなどにて、ずいぶんと差異があるようです。初回時点のアップロード可能枚数自体も記事が書かれた時期によって、だいぶ違いますし、増加枚数にも差異があります。後からネットで調べようとしたときにわからなくなりそうですので、整理しておこうと思います。

ちなみに、PIXTAさん公式では以下のように記載されています。


アップロードできる作品の点数は決まっているのですか?
はい。
PIXTAでは期間ごとに作品登録できる数に制限を設けており、下記の条件によって制限数が随時調整されるようになっています。
・作品のセレクトの十分さ(審査でのリジェクトが少ないこと)
・販売素材としての品質
・タグ(情報)づけの適切・正確さ

PIXTA 更新ページより

ちなみに、アップロード可能枚数という制限ができたのは、2008年のようです。当然、制限ができる以前にクリエイター登録済みの方については、ある基準で振り分けがされています。その振り分けの基準は、登録枚数ではなく、販売枚数でした。

累計販売枚数アップロード可能枚数
5枚以下50枚/月
100枚未満300枚/月
100枚以上500枚/月


スポンサーリンク

アップロード可能枚数が増える条件 ※写真のみ。

増加枚数(噂やネット情報)

ネット上で確認できたPIXTAさんのアップロード可能枚数増加に関しての記事から集めてみました。

【2015/06】10枚→20枚(2ヶ月後)→100枚(前回から5ヶ月後)→250枚(前回から約2ヶ月)
【2016/03】10枚→15枚(4ヶ月後) それ以降1年以上枚数アップナシ
【2018/01】10枚→20枚(8ヶ月)
【2018/06】30枚→35枚(半年後)→40枚(単品販売直後)→45枚(前回から+1週間)→50枚(前回から+2週間)→100枚(前回から約1年後。DL数が増えたとの情報アリ)→250枚(前回から8か月後)
【2018/08】30枚→35枚
【2019/02】50枚→100枚
【2019/10】30枚→100枚(初回アップロード直後) 
【時期不明】20枚→300枚
※【】はPIXTAへのクリエイター登録時期です。

確認出来た範囲で一番多く1度に増加したのは、20枚→300枚の+280枚と言うものですが、これはPIXTAさんへのクリエイター登録時期がわからなかったので、いったん除外します。登録時期が明確で一番一気に増えたのは、2019年3月登録の方で、初回アップロードした直後の一気に100枚にアップされたようです。
見た限りでは、50枚までは5枚程度で枚数アップ。それ以降は50枚か100枚単位で増えるというのが多いのではないでしょうか?


増加枚数(SandA実績)

クリエイター登録直後はアップロード可能枚数は30枚でした。その後、申請分の審査が終わるたびに5枚ずつアップし、現状(2020/11/09)は50枚です。
2020/08/06:7月分の本申請審査完了後、5枚のアップ(30枚→35枚)
2020/08/26:↑でアップした分を追加申請し、5枚のアップ(35枚→40枚)
2020/09/17:8月分の本申請審査完了後、5枚のアップ(40枚→45枚)
2020/10/09:↑でアップした分を追加申請し、5枚のアップ(45枚→50枚)
その後、9月分の本申請の審査完了後も10/09に追加で申請した分の審査完了後も枚数増加ナシ。


増加条件(噂やネット情報)

ネット上で情報公開してくれていた諸先輩方の考えによると、
 ・申請分の採用率を100%にする
 ・期限内にアプロード可能枚数すべてを申請する
 ・アップロード枚数枠を全部使い切った
 ・全体採用率は80~85%
 ・全体で65→80%以上に採用率アップしたタイミングで枚数増
 ・売上はアップロード枚数のアップにかなり有効(絶対条件ではない)
と言うような感じでした。

5枚ずつの増加のパターンはともかく、大きくアップロード可能枚数を増加する際には上記のようなことが条件となるようです。


増加条件(SandA実績値)

SandAはまだ5枚以外の枚数増加を経験していませんが、ここまでの申請状況では、
 ・アップロード可能枚数は毎回使い切る
 ・申請分の採用率は60~80%程度
 ・全体の採用率は90%以上
 ・売上はゼロ
と言う状況でした。

上記アクションで、5枚増加が計4回。大きく枚数増加のパターンを経験できていないので、ちょっと微妙と言えば微妙ですが。


増加条件を考察してみる

ネット上の諸先輩方の公開情報とSandAのこれまでの経験から、以下2パターンが言えるのではと考えています。

パターン1:アップロード可能枚数が50枚未満

申請可能枚数を使い切ること。採用率は大きく影響せず、増加枚数は5枚。

いかがでしょう?とりあえず、アップロード可能枚数をきっちりと使い切りさえすれば、採用率にかかわらず、枚数を増加してもらえるのではないでしょうか?もちろん、採用枚数ゼロではダメだとは思いますが。なので、アップロード可能枚数:50枚までは、とにかく写真を申請すれば何とかなると思われます。

クリエイター登録時期の違いで、2020年の登録であれば開始時点で30枚ですが、以前登録した場合は開始時点で10枚しかなく、そこから増えていない方は、登録済み枚数さえ多くなければ、いったん登録解除して、再登録したほうが効率が良いかもしれませんね。
※PIXTAさん的に、登録解除→再登録ができるかどうかは確認取れていませんので、自己責任でお願いします。また、その場合、登録済みだった写真を再登録できるかも不明…


パターン2:アップロード可能枚数50枚以上

全体の採用率が80%以上。さらに、採用されている写真の質が一定以上。
増加枚数は採用されている写真の質次第&売上実績。

いかがでしょう?ある程度、良い線言っているのではと思っています。「写真の質」という部分が定量的に判断しずらいのですが、AIか何かを使用して判断しているのであれば、それの簡易版みたいなものを公開してくれないですかね?AIで写真を採点してくれるアプリ。あれば必ず使用しますけど。

あとは、2008年のアップロード可能枚数の概念導入時に指標となった販売枚数も何かしら関係していると思われます。50枚までは売上は関係なさそう(SandAの経験上)ですが、それ以降は関係してきそうですね。


スポンサーリンク

おまけ(?)

PIXTAさんのアップロード可能枚数についてネット情報を探してみましたが、そこで見つけたコメント。

登録枚数がある一定の数を超えると自分の写真のポートフォリオが優先的に上位に上がる

どうやら常に上位表示のわけではないようですが、オススメ順などでソートした時に、ある程度の時間、上位表示されるという意味のようです。自分の写真が、その検索キーワードで何番目に表示されているのかなんて、チェックできておりませんが、そういうこともあるのでしょうか?確かに上位表示されてくれれば、クリックしてもらえる可能性は多少があがりそうですけどね。
ちなみに、PIXTA限定素材を設定している写真は、何もしなくとも上位表示されやすいそうです。

2つ目のちなみにですが、SandAの写真で一番上位に表示さえていると思われる写真は、この写真です。先ほど確認した時点で、写真のみで「二子玉川」で検索した際に3列目16番手でした。できれば1列目に入るような写真を撮りたいですね。
※列数は画面表示サイズで変わりそうなので、目標にするとしたら順番でしょうか?

69547092

(c)SandA画像素材 PIXTA –

↓検索結果のURLをコピーした見たのですが、同じ条件で表示されるかな?


記事をお読みいただき、ありがとうございます。
次回もよろしくお願いします。


スポンサーリンク

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました