【マンガ書評】信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~ 

信長を殺した男 書評
信長を殺した男
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「信長を殺した男 ~本能寺の変431年目の真実~」の最新刊を読んだので、ブログに載せてみます。今回(8巻)で完結です。この時代の特に織田信長関連のお話って面白いですよね?いろんなところでいろいろな話がありますが、この作品、これまでの話とかなり違っていて、読んでいて続きが気になってしまって仕方がなかったです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ご紹介を始める前に

さぁ、ご紹介と行きたいのですが、電子書籍で購入してしまったため、写真がないのです。電子書籍系だとスクショになってしまうので表紙ですら載せて良いのかどうか?記事をアップする直前に気になり、いろいろ調べてみたものの、OKと言う意見とNGと言う意見があり、どれが正しいことやら…。とりあえず、アイキャッチに表紙をまとめた版にコメントを入れたものだけ設定していますが、果たして問題ないのでしょうか?著作権的に大分グレーな部分のようですので、個別のスクショやマンガ内容のスクショはやめておきます。


スポンサーリンク

信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~ 

明智健三郎さんが原作で、藤堂裕さんの作品です。タイトル通り織田信長、明智光秀を取り扱った作品。これまで常識と思っていた織田信長と明智光秀の関係性が、この作品ですっかりイメージが変わってしまいました。SandA的には、この時代をヒューチャーしたの作品によくありがちな大きな矛盾(時系列がくるっていたりとか、面識の有り無しとか、重大なイベントをスルーするとか)もなく、うまくまとめられていた気がします。時々、あくまでフィクションであることがわかっていても変な流れだなぁと感じてしまうものもありますので。

話がそれました。この作品を読むにあたり もしくは 読む前に知っているとお得な情報を2つご紹介。

【新品】信長を殺した男セット(全9冊) 全巻セット ←本編+外伝の9冊セット


麒麟

ちょうど大河ドラマで「麒麟が来る」というタイトルで明智光秀が主役ですね。同じようなタイミングで同じ人物が主役なんて珍しい。ちなみに「信長を殺した男」の中にも麒麟が出てきます。明智光秀が織田信長のことを「麒麟」と称しているのです。この麒麟って何のことかご存じですか?SandAもボヤっとしかわかりませんでしたので、調べてみました。

麒麟

中国神話に現れる伝説上の動物(瑞獣)の一種
仁の心を持つ君主が生まれる(泰平の世)と姿を現す一角の霊獣。角は肉に包まれ、いかなる生命をも傷つけない。麒麟から諸獣が生まれたとする。

いわゆる「麒麟児」とかも、この「麒麟」ですよね?そう思うと、意外に使われている言葉なのですね。もう少し調べてみると、織田信長が使っていたと言われている花押が「麟」であったことから織田信長関連で使われているようです。同じ人物をピックアップした別の作品で同じ言葉が使われているのはこのあたりが関係しているのですね。

【新品】信長を殺した男セット(全9冊) 全巻セット ←本編+外伝の9冊セット


明智憲三郎さん

本作の原作者さんです。名字からわかるとおり、明智家ゆかりの方。明智光秀の子供の子孫と称しているようです。※ぶっちゃけ、本当に子孫なのかは証明できていないようですが、SandAが信じます。
ちなみに本作の中でも本人役で出演されています。「”定説”は真実なのでしょうか?」という言葉にSandAはかなりのショックを受けました。日本だけではなく、世界を見ても、争いの勝者が自分たちの都合の良いように話を作り、それが歴史となってしまうことが多々あることは理解していましたが、有名すぎる「明智光秀の謀反」の経緯についてもそれが当てはまるとは。

明智健三郎さんの唱えている説(本書のメインストーリとほぼ同じ)は、なかなか斬新な説のようで、学会内(?)でも話題になっていたようです。ネットを見ると批判的な意見も見受けられますが、そういういろいろな説が議論検討されたうえで、歴史は塗りなおされていくものだと思っていますので、良い傾向なのではないでしょうか?※上から目線になってしまい、申し訳ありません。

【新品】信長を殺した男セット(全9冊) 全巻セット ←本編+外伝の9冊セット


最後に:信長を殺した男 ~本能寺の変431年目の真実~

明智家ゆかりの明智健三郎さんの説を元にした明智光秀の新たなお話です。歴史詳細がわからないSandAですが、それゆえに面白く読ませていただきました。これまで知っていた話とも、大河ドラマとも違う明智光秀の話。マンガの絵柄もSandAとしては好きな絵柄です。話のテンポもよく、完結後の再読み込みも一気に読んでしまいました。この時代(織田信長関連)の話は、昔から小説、映画、ドラマ、マンガと数えきれないほどたくさんの作品がありますが、これまでとは違う解釈で書かれた織田信長と明智光秀の物語。1度読んでみて損はないと思います。


今の大河ドラマが終わったら、本書を読み直して内容の比較をしながらいろいろ妄想を膨らませてみても面白いですよね?その前にいくつか見逃してしまった話があるので、まずはこちらでこれまでの分を一気見しようかと思っています。ちょうど無料トライアルをやっているようなので、お得に見れそうです!ついでに過去の明智光秀関連の作品も気になっているので、何か見れるのあるでしょうか?

\!動画を見るならこちら!/


【新品】信長を殺した男セット(全9冊) 全巻セット ←本編+外伝の9冊セット


スポンサーリンク

記事をお読みいただき、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました