撮影キット(撮影ボックス) 200-DG016 を購入してみました!

撮影キットのアイキャッチ 機材
スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前から気になっていた撮影キット200-DG016。先日のストックフォトの機材の記事でも欲しいものリストに挙げていましたが、ついに購入してしまいました。今月中に失効する楽天ポイントがあったので、それを有効利用するということにして、ブツを入手いたしました。想像していたよりも素早く組み立てができ、明るさも十分。これはいろいろ活用できそうだというのが第一印象。撮影テクを磨きつつ、いろいろ撮影してみようと思います。

撮影キットさえあれば、天候に左右されることなく、ストックフォト撮影ができる!ということで、何をどのように撮るのか?ということを深く考えずに購入。いつもながら、その辺がダメなところのような気もしますが、言い訳をさせていただくと、実物がどのような感じであるかが良くわからなかったため、イメージがつかみづらかったのです。でも、欲しかったのです。
実際に実物を見てみると、身の回りのものをいろいろと撮影できる予感。ストックフォトとして使用できる出来ないの判断さえ後でしっかりやるとして、とりあえずいろいろと撮影してみましょう!という気分に。


スポンサーリンク

撮影キット 200-DG016の概要

撮影キット

サンワサプライ 撮影ボックス 50×50cm 200-DG016の概要はこんな感じです。

ライト種別    LED
ライト明るさ   6,000ルーメン
         (30灯×4)
サイズ(外形)  54cm × 53cm × 53.5cm
バックスクリーン 4色
         ホワイト/ブラック/
         グレー/オレンジ

折り畳みイメージ
折り畳み時


折り畳み時は、53cm × 53cm × 3cmですので、収納も楽ちんです。このまま収納するか、箱(商品が送られてきた時の箱。サイズは56cm × 56cm × 8cmくらい)に入れての収納となります。
※中央のポケット部に電源ケーブルなどの収納できます。

広げた場合の外観イメージは。すいませんがメーカさんの画像をお借りします。
※部屋が狭くて、綺麗に撮影できるスペースが確保できませんでした。あくまで部屋が狭いだけで、撮影キット自体が大きすぎるということではありません(笑)。

外観イメージ

セットのバックスクリーンと内部のLED灯はこんな感じでした。

バックスクリーン
LEDライト

組み立てのイメージについては、メーカーさんの取扱説明書をご確認ください。SandA的には十分な説明でした。


スポンサーリンク

撮影キット 200-DG016のファーストインプレッション

撮影キットですので、気になるのは、撮影の感じと撮影した写真のイメージですよね。もちろん、お試しで撮影してみました。被写体は、SandA的にはおなじみの「リトルミイ」さんです。リトルミイさんは高さ25cmくらいです。

スマホ撮影であるということもありますが、綺麗に撮影できていなくてすいません。かなり明るく、影もでず、撮影に慣れてくれば、いい感じの写真が撮影できそうです。


ちなみに、一眼レフでの写真はこんな感じになりました。

一眼レフリトルミイ縦
リトルミイ右側から
リトルミイ正面から

やはり、スマホ撮影よりも一眼レフの方が良い感じに撮影できそうですね。明るさは十分。スクリーンの曲がり部分の影を調整できれば、いい感じでの撮影ができるのではないでしょうか?

LEDライトが6,000ルーメンです。下手な家庭用プロジェクターよりよっぽど明るいですよね。ビジネス用のそこそこの広さの会議室向けのプロジェクターで5,000~7,000ルーメンくらいだったと思いますので。プロジェクターの明るさと比較しても意味はないのですが、つい、気になりました。また、30灯に分散されていますので、影の付き方がずいぶん優しい感じになってくれます。

被写体にしたリトルミイのサイズが25cmくらいですので、高さ35cm弱くらいまでは問題なく使用できると思います。そのあたりは、メーカーさんのHPに比較がありましたので、そちらもチェックしていただければと思います。


スポンサーリンク

撮影キット 200-DG016 を気になる人へ

以下に該当する人は、買ってみて損はないと思います。

・フリマアプリで出品する商品を綺麗に撮影したい人
・ストックフォト向けに撮影キットを探している人(初めての撮影キット)

SandAもまだ購入したばかりで、数十枚しか撮影していませんが、ストックフォトとして使用できる写真を撮影することは十分可能だと思います。バックスクリーン部分のたるみの調整、撮影する角度などを注意しながら、使い倒していこうと思っています。
使い倒したうえで、微調整できないことなどを見つけてしまった場合は、後で記事に追記しておきます。

サンワサプライ 撮影ボックス 50×50cm 200-DG016


撮影キット 200-DG016 レビューまとめ

あくまでSandAの所感的ですが、1分かからず組み立てることができ、高さ35cmまでの被写体であればきれいに撮影可能。明るさも十分で、添付されている「光拡散スクリーン」のおかげで影のばらつきなどもなく、撮影することが可能です。

セットでついてきたスクリーンについても、布ではなくいので、多少汚れても拭いてしまえば良さそうですし、しわもできないので、保管に気を遣うこともなさそうです。

フリマアプリでの使用はもちろん、ストックフォト撮影でも活躍してくれそうな一品です。

うまく撮影できたものが撮れましたら、そのうち、ここに貼り付けたいと思っています。


ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
次回記事もよろしくお願いします。


スポンサーリンク

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました