星空の撮影方法 まずは勉強してみる

HowToストックフォト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!SandAです!!先日、スナップマートさんの限定ユーザコンテストの記事で星空を撮ってみたいという記事を書きました。実際に星空を撮影するにはどうしたら良いのか、いろいろ調べてみたので備忘録がてら、記事にしたいと思います。


スポンサーリンク

綺麗な星空の撮影とは?

ばーん!とSandAが撮影したきれいな星空の写真を貼り付けたい所なのですが、まだ撮影できていません。「ぱくたそ」さんからDLさせてもらった写真です。


スポンサーリンク

星空の撮影に必要なもの

カメラ最低条件

絞り・シャッタースピード・ISO感度のマニュアル設定が最低限必要なようです。これらの設定さえできればと言うことであれば、いわゆるコンデジでも設定できますね。

もう少し、一般的な星空を撮影する際の目安となる設定を確認してみると、おおよそこんな感じのようです。
 絞り:F2.8~F5.6
 シャッタースピード:15~30秒
 ISO感度:3,200~6,400

撮影した結果を確認しながら、各設定を微調整していくという撮影方法が一般的ですので、マニュアル設定をしやすいでデジタル一眼レフやミラーレス一眼というタイプの方が撮影には向いていそうです。

ISO感度

星空の撮影は、当然ながら暗いため、ISO感度をあげての撮影が必要になりますが、一般的にISO感度を上げると、一般的に「ザラザラ」と表現されるノイズが出ることがあります。特にスマートフォンやコンパクトデジタルカメラはイメージセンサーが小さいため、感度を上げすぎるとこのような症状になるようです。逆にいうと、イメージセンサーが大きいほどこの「ザラザラ」が出にくいということですね。
一般的なカメラ(一眼レフなど)でイメージセンサーサイズと言うと、「フルサイズ」と呼ばれるものと「APS-C」と呼ばれるものが主流で、「フルサイズ」機はハイモデル~ミドルモデルに多く、「APS-C」機はミドルモデル~エントリモデルに多いと思います。
SandAはD5600を使用しているのですが、しっかり「APS-C」のエントリーモデルです。星空を撮影するにはフルサイズの方が望ましいようですが、こればっかりは仕方がありませんね。ちなみにNikonのFXフォーマットというのは「APS-C」を指します。


撮影機材

カメラ以外に何か必要なものがあるのかを確認すると、変わったものは不要なようです。撮影機材と聞くと、気になるのはレンズと三脚ですが、その2つについて確認してみます。


レンズ

必要となるレンズについては、それほどこだわらなくても良いというのが一般的な意見です。
キットレンズでも十分撮影できるようですね。
可能であれば、広角レンズでF値の低いものが望ましいようです。
※星自体を撮影するのであれば、望遠レンズが必要です。


三脚

星空の撮影では、30秒程度、シャッターを開けっぱなしにしての撮影となりますので、その間にカメラがブレないよう、三脚が必須になります。ブレてはいけないということは、ちょっとした風などでのブレも許されないということですから、便利な軽い三脚ではなく、重厚な三脚の方が望ましいと思われます。
とは言え、そんな思い三脚を持ち歩くのは一苦労ですが…。なので、強度の強いものを用意して、石などで固定するとした方が現実的な気がします。


天候条件

「良く晴れた夜」もしくは「月の明るすぎない夜」が望ましいようです。
星空においては、想像以上に月のあかりの影響を受けるようですね。

撮影のしやすさを考えると、風の少ない日の方がブレが出なくて良い気がしますね。


スポンサーリンク

撮影方法

ほぼすべて上述してしまいましたが、条件の合う日に三脚を使って、以下の設定範囲で何枚も撮影してみるしかなさそうですね。
 絞り:F2.8~F5.6
 シャッタースピード:15~30秒
 ISO感度:3,200~6,400
慣れてくれば、設定値のあたりが付けられるようになるとは言いますが、なかなか厳しい道のりのようです。


スポンサーリンク

星空の撮影 まとめ

カメラとしては、できれば「フルサイズ」機の方が良かったのですが、「APS-C」機のSandA所有のD5600でもなんとかなりそうです。
レンズについては、キットレンズでも可能と言うことでこれも手持ちのレンズで何とかなりそうですね。
三脚は簡易なものしか持っていないのですが、足場がしっかりしていて、風が弱ければそれでも対応可能なようなので、これまた何とかなりそうです。
あとは「天気の良い夜」であれば撮影可能。ということは、やろうと思えば撮影できるということですね。
ここ数日は天気も良さそうですし、試しに撮影してみます。と言いたい所なのですが…。上記ではあえて書かなかったのですが、撮影場所が大問題でしょうか。可能な限り灯のない場所が推奨されています。田舎の山の中とかですかね?試しにベランダからで夜空を撮影してみましたが、まったくダメでした。まずは撮影場所の目星を付けなくてはいけませんね。


記事をお読みいただき、ありがとうございます。
次回もよろしくお願いします。


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました