AdobeStock:コントリビューター(寄稿者)登録手順

空と木の写真 AdobeStock
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストックフォト関連のブログを書いているので、各ストックフォトサイトへの登録方法は記事にしておきたいということで、今回はAdobeStockさんへの登録手順を簡単にまとめました。
一緒にストックフォト活動をしてくれる仲間も増やしたいですしね。
複数のストックフォトサイトに登録している人で、AdobeStockさんが一番売り上げがあがっているという話をよく聞きますので、もしかすると一番効率が良いストックフォトサイトなのかもしれませんね。


スポンサーリンク

そもそもAdobeStockさんとは?

adobestockHP
出典:Adobe Stock

ご存じ、Adobeさんあが運営するストックフォトサイトです。
知名度が高く、世界中の人たちに見てもらえます。世界が相手ということですね。
有名 すなわち 知名度が高いストックフォトサイトであり、登録されている素材数は1億を超えるということなので、ライバルが多いという話もあります。

ストックフォトの登録作業などについては日本語対応されており、英語が苦手でも特に問題なく使用できます。他社(Shutterstockさんなど)のように英語で説明文を付けなくてはいけないというようなこともありません。

ストックフォトの登録数や売上数などの実績次第では、Adobeソフト(Photoshopやillustratorなど)の年間使用料が無料になるというプレゼントもあります。
※無料となる条件は毎年変わるため、チェックが必要です。登録枚数のみが条件であったこともありますが、最近は売上枚数が条件になるようです。


AdobeStockさん登録手順

AdobeStockさんへの登録は、多少手間はかかりますが、難しいことはありません。
写真の事前審査もないですし、試験のようなものもありません。
所定のWEBページから登録フォームに入り、登録情報を入力すれば完了できます。
母体が国外の企業で、入力フォームなどが完全日本語化されていないせいで、税金関連の登録がちょっと面倒なだけです。


登録手順詳細

AdobeStock公式ページ

AdobeStock公式ページの画像
出典:Adobe Stock

まずはAdobeStockさんの公式ページへ。
上の写真下の出典部分のテキストリンクか、下のボタンで公式ページへ移動してください。


「AdobeStockで作品を販売する」を探す

作品を販売するボタンを探す
出典:Adobe Stock

2020/12時点では、トップ画面を一番下まで移動すると、「Adobe Stockで作品を販売する」というボタンがありますので、そのボタンをクリックします。


AdobeStockさんのコントリビューター登録

コントリビュータ登録画面
出典:Adobe Stock

上記のようなコントリビュータ(寄稿者)登録開始画面に移動しますので、ここで「参加する」をクリック。


アカウント作成画面

アカウント作成画面
出典:Adobe Stock

アカウント作成画面になりますので、
 ・電子メールアドレス
 ・氏名
 ・パスワード
 ・生年月日
 ・国/地域
を入力します。
ここで登録した電子メールアドレスに確認メールが届きますので、間違えないように注意。
入力完了後に、「アカウントを作成」ボタンをクリックすると、登録した電子メールアドレス宛に確認メールが送信されますので、電子メールを確認してください。

AdobeStockメール送信通知
出典:Adobe Stock

電子メールを確認しましょう

Adobe電子メール
出典:Adobe Stock

上記のような電子メールが届いているはずですので、内容を確認し、「次のリンクをクリックしてください」となっているリンクをクリックします。


AdobeStock利用条件確認
出典:Adobe Stock

上記のような画面となりますので、一応、表示されている内容を確認の上で、「同意して続行」をクリックします。


AdobeStockメール確認完了
出典:Adobe Stock

上記のような画面が表示されれば、終了です。
「クリックして続行します」をクリックしましょう。


AdobeStockさんのダッシュボード画面

AdobeStockウェルカム画面
出典:Adobe Stock

上記のようなウェルカム画面となります。
画面左上の「Adobe Stock」という文字をクリックしてみると、ダッシュボードに移動できます。
当然ながら、登録したばかりの状態ですので、かなりさっぱりしたダッシュボードになります。

Adobe Stockダッシュボード
出典:Adobe Stock

このダッシュボードは、申請した写真をチェックしたり、ダウンロードされた写真の数やその報酬をチェックしたりといろいろとお世話になる画面になります。

ここまでくれば、初期登録は完了という状態になります。


忘れずにやっておきたいこと

初期登録後に必ずやっておきたいことが2件あります。
まずは表示名の変更、住所登録、タックス情報(税金)の登録です。
これらをやっておかないと、本名が公開されてしまったり、せっかく収益が発生してもそれを受け取れなかったり、余計な税金(アメリカの税金)をとられてしまうことがあります。

「コントリビューターアカウント」というところで各種設定ができますので、そこから設定してください。


表示名の修正

表示名
出典:Adobe Stock

本名で行きたい!という方は別ですが、多くの方が表示名を修正しています。
ペンネームみたいなものですかね。
ちなみに上図の名前は、このキャプチャをとるためだけに設定したものですので、気にしないでください。

「コントリビューターアカウント」の「アカウント欄」での表示名で修正可能ですので、修正が必要であれば修正しましょう。
「公開ポートフォリオを表示」というボタンをクリックしてみると、実際にどのように表示されるのかがわかります。


住所などの詳細情報登録

adobestock住所登録
出典:Adobe Stock

「コントリビューターアカウント」の住所欄で登録可能です。
初期状態ですと、上記のように「日本」しか設定されていないので、その他の住所を登録します。


税金関連登録

「コントリビューターアカウント」の中から「タックス情報を追加」をクリックします。


Adobe適切なタックスフォー、ウを選択のアラーム
出典:Adobe Stock

「適切なタックスフォームを検索」という画面が表示されますので、一応、目を通したうえで「続行」をクリックしましょう。


出典:Adobe Stock

通常は個人での登録になると思いますので、「個人」を選択し、続行ボタンをクリックします。


Abobe税金区分を選択の図
出典:Adobe Stock

日本に在中であれば、「お住まいの国は、米国と租税条約を締結しています」の「W-8 BENを入力してください」をクリックします。


W-8 BEN入力フォーマット
出典:Adobe Stock

ここが一番面倒な箇所ですが、これで終わりなので頑張りましょう。
それぞれのパートごとの入力例は、以下になります。

入力例
出典:Adobe Stock

※入力した住所は、日本の首相官邸の住所です。特に意味はありません。
日本語表記の場合、〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1です。


一番下の「Sign Here」の部分ですが、選択するとポップアップで入力エリアが表示されます。
SandAの場合は、パソコン もしくは ブラウザの影響なのか、画面上の方に表示されてしまったため、一瞬何も変化のない状態でしたが、上の方にスクロールすることで見つかりました。

手書き入力フォーム
出典:Adobe Stock

上記の「ここに署名を入力」というところにマウスで文字を書き、「適用」をクリックします。
タッチペンではなく、マウスで文字を書くのはなかなか難しいですが、とりあえず判別できればOKだと思われます。
ここまでで入力作業は完了です。
確認画面で「Download a copy」を押すと入力内容をPDFで保存できますので、念のため保存しておきましょう。
入力した内容のチェックは数時間~1日程度で完了します。チェックが完了すると、その旨の電子メールが届きます。


AdobeStockさんの報酬体系

報酬体系についてもご紹介しておきます。AdobeStockさんのページで確認できる報酬体系は以下になっています。

AdobeStock報酬体系
出典:Adobe Stock

「最終ロイヤリティ」という欄が受け取ることのできる報酬額となります。
見てわかる通り、購入者側の契約形態により、かなり金額が変動します。
ちなみに私、SandAは何度かダウンロードしていただいていますが、未だに0.33ドル以外の報酬を得られたことはありませんので、すべて大規模サブスクリプション契約の購入者だったということですね。
ネット情報によると、数千円と言うような情報がたくさんあります。いつかそうなりたいと願うばかりです。


AdobeStockさんの審査難易度

AdobeStockさんの審査難易度は、ちょっと高めというくらいだと思います。
SandAが利用している他社(PIXTAさん、ShutterStockさん、iStockさん)と比較してみると、

PIXTA = iStock < AdobeStock < Shutterstock

という感じだと思います。
同じ写真をiStockさん、AdobeStockさん、Shutterstockさんに申請しているのため、大体あっているとは思いますが、写真によっては、Shutterstockさんで審査通過した写真がAdobeStockさんでは審査NGとなることもあります。ストックフォトサイトにより、多少ではあるものの審査の癖のようなものがあると思いますので、どんな写真を撮影するかによって、AdobeStockさんとShutterstockさんの評価は逆になる可能性もありそうです。

ちなみに、SandAの各社の写真採用率は、こんな感じです。

採用枚数採用率
PIXTA172枚96%
AdobeStock315枚58%
Shutterstock200枚32%
iStock284枚74%

※ShutterStockさんでの採用率だけが異常に低いのは、いろいろお試し的に使用させていただいているせいですので、審査が超厳しいという訳ではありません。


審査難易度がちょっと高めということで、気にしてしまう方もいらっしゃるかもしませんが、ストックフォトサイトへ申請する場合、以下に気を付けておけば、審査自体は、ほぼ通過できると思います。
※売れる写真かどうかはまた別のお話…

・ピンぼけ
・ノイズ
・明るさ
・画質
・肖像権と知的財産権
・特定の企業ロゴなどの映り込み


SandAのAdobeStockさんでの状況は

先ほど採用枚数と採用率を載せてしまいましたが、それ以外の情報を書いておきます。

登録日 :2020/08ごろ
申請枚数:549枚
採用枚数:315枚(採用率:58%)
売上枚数:5枚(すべて大規模サブスクリプション…(泣))


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました