ストックフォト状況(42日目)

ストックフォト活動状況
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020/09/03時点での状況です。前回から3日しか経っていませんので、大きな変動はないです。

スポンサーリンク

ストックフォト状況まとめ

※見出しの色合いが読みにくいとのアラームがありましたので、見出しの背景色を青→紫に変更しましたが、本当に見やすくなったんでしょうか・・・?

前回は申請数自体があまり増えていませんでしたが、今回はできるだけいろいろ申請。
PIXTAさんは申請上限いっぱいのため、申請数は変わらず。いつも通り審査に時間がかかっているので、採用数、審査NG数ともに変動なし。

Adobe Stockさんを相手にレタッチ完了済みのものを随時申請。それらは審査中ですね。前回審査中であったものがことごとく審査NGとなってしまい、採用率が悪化。今回のレタッチした分はたぶん大丈夫だと思いたい。勝手に練習相手にさせてもらっているShutterstockさんはレタッチの味付けだけ変えるなどを試していたので、+50枚を超える数となりました。

前回サボっていたSnapmartさんは、レタッチがうまくいったものを中心に申請していますが、スマホの操作が面倒になってきて中途半端な数。アップロードはしているものの、タグ付けで止まっているものが10枚以上あり。面倒くさがらず、タグ付け頑張りますわ。


前回の進捗記事

前回の分の記事はこちら↓↓↓


写真技術の向上に向けてできること

撮りためていた分からどんどん申請しようとしてはいますが、いざ、どれを登録しようかと考えていると、段々どれもイマイチ、いやイマサンくらい。
過去に採用NGとなったものと比べてもあまり大差ない。というか今までのものよりピントがずれていたり、何を取っているのかわからなかったりしている。


まぁ、見た目が良さげなものを優先的に申請していたので、当然残っているのはそれに劣るやつばかりなのです。

これは大変まずいと言うことで撮影をしに行かないといけないのですが、このまま普通にシャッターを押しても、結局変わらないのではということで、
静物写真のルールブック」という本をポチりました。どこかのサイトでまずはこれを読んでおけ!ってなっていた本です。

売り文句は「プロが教えるルールをマスターすれば、あっと驚く静物写真が撮れる!!
確かにわかりやすく、いろいろコツや考え方が書いてる。
ここまでで、わかったことが2つ。

①そもそもカメラ自体の操作方法を理解できていない。(どのようなシーンでどのような設定で撮るのかの操作がわからない)
②撮影スタイル的に、静物写真というよりは風景写真が多い

②については今回は残念。またどこかで風景写真のノウハウが書かれた本を探そう。静物写真も1つも取らないというわけではないのでそのうち熟読することにしました。①についてざっと探したところ、基本&応用ガイドなる本を発見。これをさっそくポチり、内容を熟読中。
書かれている内容自体はそれほど難しくないのですが、毎回ちゃんと設定できるのか不安イメージしているものが撮れるようになるまでは、ただただ練習あるのみ。ということで、練習がてら写真を撮りに行きたいと思っているものの、空模様が怪しい。急に大雨が降ってくるし、今週末は台風の影響がありそう。いったい、いつ撮影しに行けることやら。早くしないと申請できる作品がなくなってしまうのに。。。

【今回購入した本】

今日の一枚

68169138

(c)SandA画像素材 PIXTA –

何となく見上げた空に虹が出ていたので撮影した1枚。D5600で撮影。

相変わらず、PIXTAさんの画像が少ないので、ご紹介できるストックが残り少ない・・・

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました