ストックフォト状況(58日目)

ストックフォト活動状況
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストックフォトの進捗状況です。Shutterstockさんの採用枚数がやっと100枚を超えました。ポートフェリオで100枚分の写真を確認すると、ちょっと嬉しいですね。足踏みしていたので、なんとしても達成するために集中的に進めていました。これでShutterstockさんもやっとスタートライン。次は売上発生を期待します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストックフォト まとめ


ストックフォト 進捗状況について

前回が2020/09/15ですので、4日間の実績値です。Shutterstockさんが採用枚数100枚間際でしたので、Shutterstockさんへの申請を中心に進めました。申請数は全部で86枚(使いまわしもあるので、元ネタとしては25枚くらい)。
Adobeさんが申請数以上に採用数が増えました。これは先週くらいから草花やテクスチャ写真を意識して撮影したものが順次審査が完了していったからですね。ほぼ同じ写真を同じようなタイミングで申請しているShutterstockさんでは、前回急増していました。審査スピードの差が出てきていますね。
PIXTAさんは申請枚数のリミットまで申請済みだったのですが、その審査結果がそこそこ(採用:35枚。審査NG:5枚。採用率:87.5%)だったためか、ご褒美状態で+5枚の申請ができました。すぐさま申請しています。PIXTAさんの採用枚数はできる限り増やしたい。
現状、申請の優先順位がShutterstock&Adobe Stock → iStockとなっているので、iStockさんへの申請が渋りがちです。そのうちまとめて申請しますね。※PIXTAさんは申請可能な枚数に制限があるため、申請可能になったタイミングですぐ申請。他社とはちょっとサイクルが違います。
Snapmartさんは相変わらずのんびり進めていまが、最低1日1枚以上にしていこうかと思います。


ストックフォト 採用枚数と採用率

目標設定値は、採用枚数が各100枚PIXTAさん採用率90%以上Adobe Stockさん採用率50%以上と設定しています。

今回、Shutterstockさんが申請枚数100枚を超えましたね。詳細というか、感想は後述します。
Adobeさんの採用率は今回ちょっと良くなりました。最近始めている草花&テクスチャ写真の採用率が良かったことが主な要因ですね。まだ審査中の写真たちがありますので、次回報告時にはもう少し良くなってくれていると嬉しいですね。
Shutterstockさんの採用率は数値目標を設定していませんが、50枚超の申請をしていても大きく変わらず。草花&テクスチャ写真がある程度採用率が良いものの、いろいろお試しのものを申請していて、そのお試したちが圧倒的に採用率が悪いからですね。ひどい数字です。そろそろお試しの数も減らしていかないといけないカモですね。


Shutterstockで採用枚数100枚を超えた!

Shutterstockさんがやっと、採用枚数100枚を超えましたね。本当に「やっと」という感じです。ずっと足踏み状態でしたので、集中的に申請してみました。前回が90枚だったのであと10枚。何とか達成しようとこの4日間での申請数:62枚。私としては、これはかなり大きい数字。ちょっと頑張りました。とは言うものの、今後も継続していきたいペースではあります。今回申請のネタは草花写真やテクスチャ写真がメインでした。

これでやっとスタートラインに立ったという感じでしょうか。もちろん、次は売上が発生してくれることを期待しちゃいますね。Adobeさんが採用枚数100枚前後で初売上がありましたので、Shutterstockさんでも・・・と。

Shutterstockさんのポートフェリオ:https://www.shutterstock.com/ja/g/SandA_cojiro?rid=275183685


前回の進捗記事

↓↓↓前回分の記事はこちら↓↓↓


直近の進め方

現状の直近の目標は以下の2つ。この先しばらく継続になりそうですね。
①PIXTAさんでの1度の申請100枚を目指す。
②撮影ペースを上げ、申請ネタにできそうなものを多く残す。

撮影のペースアップについては、被写体を草花やテクスチャに絞ることでだいぶ増えてきました。今後も継続してこのペースを維持していきたいですね。ブログのコメントから教えていただいたのですが、良い案だと思います。ありがとうございました。一気に手持ちのストック写真枚数が増えました。

ただ屋外撮影のため、空模様がイマイチが続くと撮影自体が減ってしますので、その場合どうするかですね。雨の中でカメラを持ち出したくないですし、風が強いと被写体が揺れてピントがずれる。曇っていて暗いと、写りがよろしくないですし。雨上がりで日が差しているといい感じにはなるんですけどね。何かしら、屋内撮影の手段を考えるべきなのか。。。

その中から厳選したものをPIXTAさんへ申請しようと思っていますが、私の厳選結果とストックフォトサイトの審査結果が合わないこともありますので、念のためにPIXTAさん向けに用意した写真をAdobeさんとShutterstockさんにも申請しています。(この2社も審査基準が完全に一致することはないのですが)両方で採用となったものをPIXTAさんへの申請の第1候補にします。
ただ、判断難しいのは、「類似画像アリ」で落とされた写真ですかね。審査の順序が
  「類似画像チェック」→「技術チェック」
の場合はその写真は候補から落ちるし、
  「技術チェック→類似画像チェック」
の場合は候補から落とす必要はないと思うのですが、どうでしょうか?
でも、仮に私がストックフォトサイトの審査ロジックを設定するならば、
  「類似画像チェック」→「技術チェック」
の順ですかね。ほとんど自動チェックしているとしても、技術チェックの方が手間も時間もかかるでしょうから、手間のかかるであろう技術チェックの前に絶対数を減らせることに越したことはないですからね。とすると、やっぱり「類似画像チェック」で落とされたものは、候補から落とすべきかな

ちなみに「PIXTAさんで1度の申請100枚を目指す」件については、こちらの記事にまとめています↓↓↓


今日の一枚

68663721

(c)SandA画像素材 PIXTA –

伊勢神宮門前町(おはらい町)の中ほどにある「おかげ横丁」の招き猫。おかげ横丁にはたくさんの猫たちがいます。横丁商店猫と呼ばれているみたいで、リアルな猫から、影響のある猫をはじめ、本物の猫たちもいましたね。何枚か撮影したものの、一部は知的財産権の問題でリジェクトされてしまいましたが、これは生き残りました。

ペットにするのであれば猫より犬の方が好きなのですが、外で見かける分には猫も良いと思ってます。


コメント

  1. ブログ拝見しています。
    私もストックフォトをしていますが、最初は中々大変ですよね。
    私の個人的な意見として聞いて欲しいのですが、上記のおかげ横丁の招き猫の写真はどうして下をカットしたのですか?ストックフォトなら、観光案内とかのパンフレットに使いにくい感じがします。全体や正面、斜め、縦、横などのバリエーションもあれば良かったのではないでしょうか?
    pixtaの作品を拝見しましたが、使い方を想定して撮られていますか?まだまだ試行錯誤を状態だと思いますが、webなどに使われている写真など参考になりますよ。

    • SandA より:

      キャプテン・フック 様
      コメントありがとうございます。おかげ横丁の招き猫については、ストックフォトとしては下も写すべきというのはおっしゃる通りだと思います。これはストックフォトを始める前に撮影したもので、特に何も考えずに構図を決めたものでした。なので、他のバリエーションもない状態です。最近は各バリエーションを考えながら撮影するようにしておりますが、やっぱりなかなか難しいですね。精進を続けていこうと思います。貴重なご意見ありがとうございました。

      • そうでしたか。失礼しました。
        ストックフォトって趣味で撮った写真が売れる。って謳い文句ですが、完全に嘘ですからね。ストックフォトなりに撮らないと売れません。また、写真が趣味の人はアートに走るんですよね。しっかり売れるようになるまで大変ですが頑張ってくださいね。

        • SandA より:

          返信ありがとうございます。
          ブログにも書いていますが、当面は申請可能枚数を増やすための写真になります。
          達成できたら、ストックフォト向けの写真をアップしていきたいと思っています。
          ストックフォト向け かつ 私らしいものが撮れるようになることが目標です。
          アドバイスありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました