Luminar 4 でレタッチしてみる

レタッチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストックフォトサイトに投稿していますが、イマイチ差別化ができていないと言うか、投稿している写真が寂しい。。。そこで素人ながらレタッチでどれくらい変わるのかを考えてみました。


スポンサーリンク

普段のレタッチ

スマホで撮影した以下の写真。
自分としてはいい感じだと思ったのですが、写真になると実際に目で見た雰囲気がなく、全体的に白っぽい。

これをどうにかできないかと、フリーソフトなどを使って、いろんなパラメータをいじってみましたが、そもそも知識がない人間が修正しても、結果も予想通りというか、やっぱりというか、イマイチでした。知識もノウハウも、センスもない人間にはレタッチなんて手が出せない領域なのかしらとしばらく悩んでいましたが、良いものを見つけました。Luminar 4というソフトです。


最近お世話になっているレタッチソフト

レタッチソフトといっていいかはわかりませんが、Luminar 4のプリセットの力を借りて修正してみました。使い方は簡単です。※Luminar 4自体の説明は後述します。


Luminar 4を起動
→対象の写真を選択
→プリセットカテゴリーから「Lifestyle」を選ぶ。
→一覧で表示されるものの中から、良さそうなものを選択。上の写真では「Beautiful Sunset」を選択。
以上でいったん作業完了。どうです?結構いい感じになっていませんでしょうか?ちなみに所要時間は3分程度でした。


Luminar 4 「AIスカイ・リプレースメント」

ちなみに、Luminar 4には「AIスカイ・リプレースメント」という機能があります。ざっくり言うと、空をそのまま差し替えちゃう機能。差し替えの際の境界は、AIが勝手に判断してくれるという優れもの。さらにはバランスを自動判断し、全体を少し暗くするとかまでボタン1つでやってくれちゃいます。どのような感じなのかは考えていただくより、見ていただいた方が速いですね。

先ほど紹介した海の写真の空を夕日に差し替えてみます。

これも操作は簡単。
Luminar 4を起動。
→対象の写真を選択。
→「編集メニュー」を選択。
→「クリエイティブメニュー」を選択。
→「AIスカイ・リプレースメント」を選択。
→差し替えるネタとなる画像セットを選択。今回は「Sunset3」

これだけです。差し替えるネタ選びで悩みましたが、、ある程度イメージが決まっていればものの1分です。
自動差し替えの内容をさらに手動でパラメータをいじることもで来ますが、現時点では私はあまり詳細パラメータの変更はしていません。私が触るとざわとらしいやりすぎ感が満載の仕上がりになってしまうからです。とは言うものの、少しずつでも触っていかないと、上達できないと思いますので時間に余裕のある時は少しずつ触ってみていますが。。。


Luminar 4 「AI拡張スカイ」

また、ちょっとお遊びになってしまいますが、AI拡張スカイという機能を使用すると、こんなこともできます。

ちょっとサンプルであからさまな加工になっていますが、入れ込んだ物自体の場所やらサイズやらも変更可能です。
ざっと見た感じでは、虹、雷、鳥の群れ、飛行機、雲、オーロラ、月・・・といった様々なものを入れ込み可能。
うまくやれば、いい味が出せそうですね。



「Luminar 4」って?

Luminar 4は、アメリカのSkylum社ということろが作っている画像編集ソフトで、AI技術が積極的に使われています。

そもそも私がLuminarを使い始めた理由ですが、所謂「撮って出し」の写真ではなかなかストックフォトサイトの審査が通らなかったり、思わず映り込んでしまったものを消し去るために何らかのレタッチが必要と考えたことからでした。
普通、現像ソフト/レタッチソフトといえば、やっぱりAdobeさん。写真現像関連の本や、カメラ雑誌の特集にしてもほとんどがAdobeさん。プロの方々からも絶大な信頼がありますね。とはいえ、紹介されている内容を見ても、使いこなすにはそれなりの経験と知識が必要ということが伝わってきます。さらには、ソフト形態が買取式ではなく、月額タイプ。最近の言葉でいうと、サブスクタイプ。
私のような素人おやじが、「ストックフォトでなんとかタバコ代を捻出してみよう!」という不純な動機からのスタート かつ そもそもまだ写真が売れていない状況下で毎月固定費は痛い。ということで、こんな内容でネットを探しました。
買取方式
・ある程度の自動レタッチ機能があること。
・ネットで使用方法の記事がそれなりにあること。
・Raw現像もできれば、なお良し。

その結果、たどり着いたのがLuminarです。申し訳ないですが、それまで「Photoshop」や「Lightroom」は知っていても「Luminar」は全く知りませんでした。ノウハウや使用方法の書かれた書籍自体は少ないものの、ネットの評判がかなりよく、条件に一致したLuminar。

これまではAdobeさんを使用すること一択だったようですが(私は最近始めたので過去のことはあんまり明るくありません。ネットを見る限りの評判です)、そこに割り込む!という意気込みと実力を感じることでできるソフトと評判です。



良いと思うところ

使用している私が感じる良いと思うところを挙げてみると、
操作が簡単
買取方式で維持費がかからない
専門知識がなくてもレタッチできる
人工知能のAIが自動的に画像処理してくれる
AI機能が多彩(AIスカイリプレースメント/AIスキンエンハンサー&ポートレート・エンハンサー/AIストラクチャー)
Photoshopのようにマスク&レイヤーが使える
といったところでしょうか。
少なくとも私には十分な機能と使い勝手です。


新作:Luminar AI

ちょうど先週発表になったようですが、Luminar AIという新しい写真編集ソフトが出るようです。既存のLuminar 4とは全く違うと謳っているいることもあり、こちらも気になっています。

Luminar AI - AI photo editing for Mac & PC | Skylum
New version of award-winning photo editor created by Skylum team for Mac & PC.

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました